カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 知育 >
  4. 長男の習い事
知育

[3歳]長男の習い事 [育児の体験談]

268人に読まれました
2015-09-10 12:46
子どもは、何でもいいから一芸に秀でてくれるといいなぁ、と思います。
何か特技があれば、他の苦手を乗り越えたりやり過ごすことができるかな、と思うのです。
自分自身がそうでしたので。

さて。
私の第一子は男の子です。
しかし私自身は全く男の子も盛んにするような習い事、とりわけスポーツ系と無縁の人生でした。
子どもが興味を持つまで待ったらよいのかな、という気もします。
しかし、早くにコツをつかんでしまった方が、飲み込みの早いものもあるようにも思います。

2,3歳くらいになると、家で過ごすにも少々持て余すようになってきます。
子どものタイプにもよりますが、何かを試してみたい時期です。

私の場合は、下の子を連れていたので、あまり活動的になれませんでしたが、近所の公民館で「リトミック」を月に2回習わせていました。
上の子はあまり興味が無かったのか、よちよち歩きの下の子の方が楽しんでいました。
その後、特に何をすることもなく幼稚園に上がりました。
幼稚園に上がると、習い事をしているお友達も増えてきます。
多いのがスイミング。
しかしうちの子は水が嫌いでした。
スイミングは疲れますので、一週間のリズムを作って、習う曜日を工夫した方がよさそうです。
勉強系も、特に字を書く事などに興味を持っていないうちはまだ早いかな、と思いました。
音楽系はリトミックでイマイチだったので、もう少し様子見。

男の子なので、やはり何かスポーツをさせたいと思いました。
生涯スポーツがいいな、と思いました。
スイミングとテニスの2択で、子どもに選ばせることにしました。
結果、当然テニスに。
それからもうすぐ3年になります。
今でも続いています。
始めた頃は、乗り気ではなかったようですが、最近は楽しんで通えるようになってきました。
ここから先は「継続は力」、物凄く上手にならなくても良いので、楽しく続けてもらえたら、と思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

因みに、下の女の子はピアノをさせています。
今のところ、習い事はそれぞれ1つだけにしています。
0

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる