カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 満を持しての動物園デビュー
おでかけ

[1歳10ヶ月]満を持しての動物園デビュー [育児の体験談]

203人に読まれました
2015-09-10 14:01
長女の動物園デビューは6か月。水族館デビューは8か月。
いろいろなことを早く体験させてあげたくて、あまり反応を示さなくても「ほらほら、ゾウさんだよ~、キリンさんだよ~」とハイテンションで語りかけていました。
当の本人は、興味のなさそうな顔でしまいには寝てしまったり・・・。
それはそれで、楽しかったのでよしとします。

しかし、長男がいろいろなことに好奇心を持ち出す1歳ごろは、長女の幼稚園や習い事の行事等でお出かけどころではありませんでした。
そろそろ、動物園や水族館に連れて行ってあげたいよね~と思いつつ、完全にタイミングを逃し、そうこうしているうちに、3人目妊娠。今度はつわりやらでお出かけもままならず。あっという間に2歳近くなっていました。
出産前の体調のいい時を見計らって、ようやく動物園に連れて行くことができました。

普段、テレビや図鑑でしか見たことのない動物たちに、長男はおおはしゃぎ。
一生懸命話しかけたり、手を振ったり、ふれあい広場ではびくびくしながらも、ヤギやヒツジを触ったりしていました。

帰宅後も感動冷めやらぬ感じで、図鑑を眺めては、見てきた動物たちの話をするという日々が続きました。
ある程度成長してくると、記憶も鮮明なのだなと感慨深いものがあります。
自分が行きたいという思いが強かったからこそ、喜びや感動も大きいのもあるのかもしれません。
一人目は、やはり親が先に立ちお膳立てすることが多かったのもあり、図らずも違う育て方になったわけですが、今でもこうした家族でのレジャーになると一、番リアクションが大きい長男です。

みんなへメッセージやアドバイス

子どもが心の底から楽しんでいる姿を見ていると、本当に元気がもらえますよね。
一日遊ぶと親はぐったりですが、無理のないスケジュールで、これからの季節、レジャーを楽しみましょうね♪
1

1歳10ヶ月前後の体験談

上へもどる