カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. おっぱいが飲めない?!
授乳

[0歳1ヶ月]おっぱいが飲めない?! [育児の体験談]

261人に読まれました
2015-05-13 16:11
一緒に頑張ったね☆
  • 母乳は出ているのに…

    母乳は出産直後からとても分泌がよく、助産師さんにお墨付きをもら
    うほどでした。

    しかし、母乳が凄く良く出ているのにも関わらず、赤ちゃんの飲む力がとっても弱く、なかなか飲んでくれなかったのです。

    全然吸い付く感じがなく、ただ口を当ててるだけ、といった感じで、母乳を全然ちゃんと飲めていませんでした。

    その代わり、哺乳瓶だと力もいらず飲みやすいのか、グビグビと飲めていました。

    なので最初は赤ちゃんがちゃんとおっぱいに吸いつけるように特訓をして、その後搾乳した母乳を哺乳瓶に入れて飲ませる、ということを毎回授乳のたびにしていました。

    せっかく母乳の分泌が良いのに、このままちゃんと飲んでもらえないと分泌が減ってしまうと助産師さんが懸念して、家に帰ってもちゃんと頻繁に搾乳をするために搾乳器を買うように勧められたので、言われるがまま、入院中のベッドの上から、ネット通販でメデラ搾乳器を購入しました。

    助産師さんの考えた案で、哺乳瓶の口だけをおっぱいの乳首の部分に当てて、そこから直接母乳を飲ませるというやり方を教えてもらい、そうやって飲ませたりもしていましたが、それもなかなかうまくはいきませんでした。

    助産師さんいわく、1ヶ月もすれば赤ちゃんも成長して飲む力が強くなるから、そうすればちゃんと母乳から直接飲めるようになる。ということでした。

    その言葉を信じて、家に帰ってからも、まずはおっぱいを直接飲む練習をし、その後搾乳した母乳を哺乳瓶から飲ませる。というやり方で頑張って授乳を続けました。

    それはかなりの手間だったし、新生児というのは1日中授乳しっぱなしというような状態なので、ずっとおっぱいのことばかりで1日が過ぎるような感覚で、かなり大変だった記憶があります。

    でも、そこで頑張ったおかげで、本当に1ヶ月経つと、赤ちゃんの飲む力というものが凄く強くなって、しっかりと直接乳首から飲めるようになったのです。

    搾乳をちゃんとしていたおかげで、母乳の分泌量も減らすことなく、理想の母乳育児を、卒乳するまでできました。
    助産師さんの言うことをしっかり聞くというのは本当に大事なことなんだなぁと実感した体験でした。

みんなへメッセージやアドバイス

母乳は分泌さえ良ければ、何も問題がないと思っていました。
まさか赤ちゃんがうまく飲めないなんてことがあるはずないと思っていたので、本当に考えもしなかった体験でした。
でも、1ヶ月経てば赤ちゃんはグンと成長してしっかり飲めるようになります!
それを信じて、母乳育児を頑張ってください。
2
上へもどる