カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 小児科の待合室がつらいとき
病気と症状

[5歳]小児科の待合室がつらいとき [育児の体験談]

323人に読まれました
2015-09-10 20:17
小児科の待合室ってつらくありませんか?
混んでいることも多く、待ち時間が長い。狭いスペースにいなければならない中、体調を崩したわが子は機嫌が悪い。最悪な状況ですよね。いい子にじっとしているならなんとかなるかもしれません。でもそうでなかったら・・・。

最近はPCやスマホから予約を入れ、待ち時間の目安に応じて診察へ行く時間を調整できるシステムが導入されるクリニックも増えています。そのようなシステムがないクリニックだった場合、どうしていますか?

車でクリニックへ行った場合、待合室が混雑していたら子供を車内で待たせることもオススメです。夏はもちろんNGですが、小児科にお世話になる機会は冬が圧倒的に多いですよね。毛布を持っていけば車内で横になって待てるので受付の際に「待合室が混んでいるので車内で待たせていいですか?」と声をかけると「いいですよ」と言ってもらえる場合もあるので選択肢の一つとして考えておきましょう。

あるいは子供に発達障害の疑いがあり待つことが苦手だったり待合室の雰囲気が苦手な場合。そのような場合も受付の人に「発達障害の疑いがあって待合室で騒いだら皆さんのご迷惑になるので車内で待たせていいですか?」と聞いてみましょう。あるいは「待合室でストレスが溜まると診察のときに先生に迷惑をかけてしまうので車内で待たせたいのですが」なども好意的に受け入れてもらえる言い方になります。あくまで他者への気遣いを全面に出すと理解を得る形に持っていきやすいでしょう。親切な受付の人に当たったら順番が近くなったタイミングで携帯に連絡をいただける場合もあります。

どうしようもないと諦めず、つらいときは受付の人にどの程度だったら許容してもらえるか聞いてみることをオススメします。

みんなへメッセージやアドバイス

子供が体調を崩すとママもぐったりですよね。待合室が苦手になるほどしんどいときは(クリニックの受付の人には当たり外れも正直ありますが)、聞いてみて損はないと考えてぜひ行動してみてくださいね。
2

妊娠5歳前後の体験談

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる