カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 我が家を建てる時に考えた、子育てに役立つ工夫。
ママの悩み

[1歳1ヶ月]我が家を建てる時に考えた、子育てに役立つ工夫。 [育児の体験談]

370人に読まれました
2016-11-02 16:45
さて、子供が1歳をすぎマイホームを建てようと決めた私たち。実際にホームメーカーを決めて、間取り等を考えている時には我が子は1歳4か月くらいになっていました。まだ1歳ですがこの先育児がしやすいように、先の事を見越して間取り等を考えました。

まず1番私が希望したことは、1階に大きな収納部屋を作る事。実際には3畳ほどの大きさのウォークインクローゼットを作りました。中は可動棚を設置して、フレキシブルに対応出来るようになっています。子供が小さいうちは、私の着替えも子供の着替えも全てここに。寝室は2階ですが、朝起きて1階に降りてきたら全て1階で済ませるように考えました。子供が小さいと自分の着替えのために行ったり来たりする時間はもったいないですもんね。

この場所は子供が小学校低学年くらいまでは、私と一緒に支度をするだろう・・という想定で、色々なケースに対応出来るように考えてあります。今はまだ未就園児ですが、幼稚園生活に向けて少しずつ子供用のスペース作りをしている所です。私の手助けが必要なくなっても、全て可動棚にしてあるので、その時に必要なものを置く事が出来ます。

もうひとつ気に入っているのは、キッチンから家族の様子が全て目に入る事。対面キッチンにしてLDKはもちろん、浴室や洗面所へもキッチン脇を通らないといけない作りなので、子供がどこにいるか、何をしているかキッチンから一目で分かります。さらに我が家はリビング階段なので、中学生くらいになっても学校から帰ってきてとりあえずは顔を合わす事になるだろうと思っています(^○^)

リビングの隅に畳スペースを作ったり、無垢の床を採用したりと色々考えた事はあるのですが以上の2つは特に気に入っている点です。


余談ですが、我が子は家を建築中、大工さんの様子や職人さんの様子を熱心に見ていました。大工さんのマネをしてハンマーのおもちゃで遊んでみたり、外構工事で見た重機のとりこになり重機大好きっこになりました。色々な人たちの手が加わって、家を建ててもらった事がいつか伝わっていればいいなと思っています。
0

上へもどる