カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 1歳4か月~大切な歯が欠けてしまった!!
ケガ・応急処置

[1歳4ヶ月]1歳4か月~大切な歯が欠けてしまった!! [育児の体験談]

617人に読まれました
2015-09-11 00:18
我が子がよちよちと歩き始めたのが、1歳3か月頃でした。あれよあれよという間にほいほいと歩き始め、1歳4か月の頃には歩きたくて仕方がないといった様子でした。

ある日の夕方、私が夕食の準備をしている間夫が子供を連れて外で遊んでくれていました。そして、事件は起こりました!大きな泣き声が聞こえ「どうしたのかな?」と思っていると、ガチャンと玄関のドアが開き焦った夫と、口の周りが血まみれの我が子・・。一瞬ぎょっとしましたが、唇が切れた出血だと分かり唇をおさえながら抱っこしてあやしていると機嫌も直ったので、安心していました。

数日間は唇が腫れて痛々しかったのですが、腫れも引いてよく見てみると「ん?前歯の形が、右と左ちょっと違う?」という事に気が付きました。そうです~前歯が転んだ拍子に、少し欠けてしまったのです。これはもう、本当にショックでした・・。転んでしまったのは仕方がないし、欠けてしまったのも仕方がないのですが、ショックでショックで。自分が見ていない時の出来事だったので、余計にショックだったのかもしれません。

かかりつけの歯医者さんに診てもらったのですが、やはりどうしようもないとの事。そしてそのまま我が子は2歳半になりました。今見てみれば、ほんのすこーし欠けているだけなので生活に支障が出るほどでもないのですが、やはり当時は悲しくて仕方がなかったですね。

これ以外にも1歳台には、口周りのけがが本当に多かったです。歩き始めのお子さんをお持ちの方、お気をつけて~。
1

上へもどる