カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. >
  3. 一歳半検診は、にがい思い出。

[1歳6ヶ月]一歳半検診は、にがい思い出。 [の体験談]

518人に読まれました
2015-09-11 01:02
我が子も一歳半になり、検診を受ける時期になりました。私はこの検診を、かなり前からとても憂鬱に思っていました。

それは、我が子がかなりの人見知り、場所見知りだったからです..知らない人の前だと顔はこわばり、知らない場所ではずっと抱っこ。そんな様子だったので、当然検診ではいつも出来ている事が出来ませんでした。

指差しでは目では見ているものの、指差しはしない、積み木も並べてみる程度しかしません。

問診表をもとに、「言葉もよく出ているようなので、2歳になって心配なら一度検診を受けて下さい」と言われました。う~ん、なんだかなぁ。

知らない人が目の前に座り、さぁやってみなさい!と言われても、ほとんどの子は実力を発揮出来ないのではないでしょうかね~。それよりも、待ち時間の間は楽しそうに積み木も積んでいるし、たくさんお話しているのに、「今見てくれー!」と母は思うわけです。まぁ、たくさんの子供たちを見なくてはいけないし、そんなに一人ひとり見ている時間はないのでしょうけど。この検診で問題があるにせよ、ないにせよ、もう少し丁寧に見てもらえたらありがたいなぁと思ったのです。

2歳になった息子は特に問題なく成長しているようだったので、検診は受けていません。現在2歳半の息子は、3語文や接続詞、助詞なんかも用いてぺらぺら話していますし、コミュニケーション能力もあり、色々な事をよく理解しているので今のところは大丈夫そうです。が、一歳半検診はにがい思い出となりました..
2

上へもどる