カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 無痛性甲状腺炎亢進症からの妊娠初期
妊娠中の生活

[4w]無痛性甲状腺炎亢進症からの妊娠初期 [妊娠・出産の体験談]

630人に読まれました
2016-03-27 03:56
妊娠前に突発性難聴と甲状腺の亢進症を繰り返しては治るを繰り返してた私ですが、橋本病の疾患で尚且つ、まだ症状が軽度ということもあり、定期的な検査のみをしていました。今後妊娠したら、すぐに検査をしに来てくださいと言われて1年後…結婚後すぐに妊娠が分かり慌てて検査に行くと案の定、無痛性甲状腺炎亢進症を発症していました。

丁度妊娠をした月は私が以前から甲状腺ホルモンが崩れる時期であり、本来ならば気を付けておかなければならない時に妊娠…
お腹の子が上手く育たなかったらどうしよう。私の持病が遺伝してしまうのではないかと、自分自身を責めました。
担当医に不安をぶつけてみると、大丈夫。このホルモンは赤ちゃんの成長を促すから元気な赤ちゃんが産まれるの。そんなに自分を責めないでね。貴方は子供を産むことで社会に貢献しているのよ。何も悪くないのよ。と言われて、今まで重かった肩の荷がスゥーっと降りた気がしました。
私は母親になってもいいんだ。元気な子を産むんだ!と前向きになれました。

それからは妊婦健診と甲状腺検査を繰り返して、甲状腺も投薬をせずに観察のみにしてもらいながらも何事もなく出産まで無事に過ごすことができました。
産まれた赤ちゃんは先生の言った通りの元気な男の子で、助産師さんから驚かれるぐらいの新生児期から今も食いしん坊です。

この病気によって、ストレスに弱いんだね。と言われたり、症状が辛い時には理解して貰えずに辛い思いをしたり、自分が弱いから、強くないから駄目なんだと落ち込んだりしました。
けれど私にとって必要な試練だったんだと思えば、今後どんなに辛いことがあったとしても、あの時頑張った自分を思い浮かべると今まで無かった自信が持てるようになりました。今は試練を与えてくれてむしろ、ありがとう!と感謝したいぐらいです。

みんなへメッセージやアドバイス

辛い時は我慢せずに吐き出してください。決してストレスに弱いからなる病気ではないんです。むしろ我慢強い人程なり易い病気です。先生にそう言われてから、私は自分自身に少し甘える事ができました。無理をしない。その言葉に今も助けられてます。
0

妊娠4w前後の体験談

上へもどる