カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ベビー用品 >
  4. おもちゃ王国で、トミカと運命の出会い。
ベビー用品

[1歳7ヶ月]おもちゃ王国で、トミカと運命の出会い。 [育児の体験談]

472人に読まれました
2015-09-11 23:34
息子は現在2歳半になりましたが、無類ののりもの好きです。緊急車両、工事車両、電車、バス・・など色々好きなものはありますが、やはりトミカのミニカーが大好きです。眠る時にはぬいぐるみを持って眠るお子様も多いと思いますが、我が家の息子はトミカと一緒に寝ています。トミカにトントンと寝かしつけをしている時には、思わず笑ってしまいました。それくらい、彼にとってトミカは大切なものなのでしょう。

トミカとの出会いは、偶然でした。息子が1歳7か月の頃に、家族旅行に出かけました。行先は知多半島で、最大の目的はおもちゃ王国に行く事でした。まだ1歳半をすぎた所でしたし正直「楽しめるのかな・・」と心配していたのですが、そんな心配をよそに息子はおもちゃ王国の各コーナー(パビリオン?色々なおもちゃで遊べる小さなお部屋がたくさんあります)で遊びまくり、そこでトミカと出会ってしまったのです。

特に目をキラキラさせていたのは、電池式の大きめのおもちゃでベルトコンベアのようなものでトミカを上まで運び、そこからトミカが走って降りてくるというもの。何度も繰り返し遊んでいました。違う場所に行こうと誘っても、まったく動かずひたすらトミカで遊んでいましたよ。

そんなこんなで、息子ののりもの好きは始まりました。最近では絵本を選ぶ時も車が書いてあるもの、好きなキャラクターもカーズやトーマス、というようにのりもの好きがヒートアップしているようですが、何か好きなものがあるのは良い事かな・・と見守っています。

本当に、何がきっかけではまるのかは誰にも分からないですね。
1

上へもどる