カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. ぜひ知って欲しい!歯が歯根から抜けてしまった時の応急処置。
ケガ・応急処置

[1歳7ヶ月]ぜひ知って欲しい!歯が歯根から抜けてしまった時の応急処置。 [育児の体験談]

770人に読まれました
2015-09-12 01:11
我が子は小さい時から、本当によく口元をけがする子です。身体のバランスが悪いのか、運動神経が悪いのかは分かりませんが、口周りや歯に関するけががとても多いのです。その中でも一番びっくりしたけがは、1歳7か月頃に歯がごっそり抜けてしまった事です。

当時はアパート住まいをしていて、寝室のクイーンサイズのベットに私と息子、床に布団を敷いて夫が眠っていました。ある休日の朝、息子がもぞもぞと起きだしベットから降りて行きました。「あ、起きたなぁ」と思って私が起きようとしたその時、息子が床に敷いてある布団に足を取られて転び、ベットのふちで前歯を強打。前歯1本が歯根からごっそり抜けおちてしまったのです。口からは大量に出血、私は血の気が引いて何も出来ずに子供を抱っこしながら血を止めようと必死でした。

夫はその間に携帯で、応急処置を調べてくれていました。すると、抜けた歯をそのまま戻すという方法が出てきたようで、泣き叫ぶ子供を私が抑えつけ抜けた歯をぐっと歯茎に戻しました。今思えば、よくあんな事で来たな・・と思うのですが、その時は必死でとにかくやってみようという気持ちしかありませんでした。

とりあえず歯茎に戻った歯を見て少し冷静になり、本当にこれで良いのか心配になってきた私は、子供の緊急のけがや病気などの応急処置の方法を電話で教えてくれる番号がある事を思い出し、急いで電話をして指示を仰ぎました。すると、この方法で良いとの事。休日だったので、我が家の近辺で休日でも診察してもらえる歯医者を紹介してもらい、先生にも見てもらいましたが様子を見るしかないとの事でした。

その後、かかりつけの先生に経過観察をしてもらっていますが、運よくうまくくっついてくれたようで、歯の変色などもなく2歳半になりました。すぐに歯茎に戻すのが難しい場合は牛乳につけて、歯医者に連れていくのが良いそうです。(水道水で長時間洗ったりするのはNG)しかし、やはり早くに戻す事が1番大切なのだそうで、私たちの場合は応急処置が早かったのが良かったのかなと思います。

ただ、1度抜けた歯は永久歯が生えてきても抜けにくかったり、また早くに抜けてしまったりと後々問題が起こる場合もあるそうなので、しっかりとお医者さんに診てもらうようにしていきたいと思います。

子供がけがをしてしまったのはもちろん私たちの不注意なのですが、もしもの時のために応急処置の方法を知っておく事は本当に大切だなぁと思います。誰かの参考になれば、幸いです。
1

上へもどる