カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠中に試した、塩分を控える食事法
妊娠中の生活

[31w]妊娠中に試した、塩分を控える食事法 [妊娠・出産の体験談]

14470人に読まれました
2016-08-05 10:56
妊娠中、お医者さんに真っ先に言われたことは「甘いものは食べていいけど、塩分はとらないように」ということでした。

塩分をとると、妊娠中毒症の可能性が高まってしまい、出産に影響が出やすいとのこと。

和食中心で、薄味の生活に慣れていたので自分はまあ大丈夫だろうと思っていましたが妊娠中の体って不思議なもので…

いつもと違うしょっぱいものを食べたくなったり、間食も増えたりして、結局、塩分を控えるのに本当に苦労しました。

案の定、何も考えずに食べていたら数週間で体重が4キロも増える時期があり、お医者さんから厳重注意の指導が…

妊娠前と妊娠後では、トータルで8キロ増だったので、全体としては許容範囲内の増量だったんですが、やっぱり急に増えるのはよくないようです。

そこで!徹底して行った食事法をいくつかご紹介します。

・食事はきちんと出汁をとる
・食材にドレッシング、タレなどはかけない
・減塩味噌、減塩しょうゆを使う
・レモン果汁で味を調整する
・パン、麺類は塩分が多いのでご飯を中心にする

他にも、体内の塩分を排出する食材を、食後や間食時に食べるようにしました。

・リンゴ
・イモ類
・トマトジュース(食塩不添加のもの)
・干し柿

この食事法を始めてからは、なんとか体重が急に増えることが無くなり、無事に出産まで体重をコントロールすることができました。

特に、食後のトマトジュースは手軽にできるのでオススメです!

みんなへメッセージやアドバイス

産婦人科の診断結果が良好だった時は、その日の夕食は中華や洋食など、好きなものを食べるようにしていました。
ドレッシングやタレはなるべく控えてはいましたが…
メリハリをつけないと、逆にストレスがたまってしまいますしね。
2

妊娠31w前後の体験談

上へもどる