カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. おっぱいが詰まる原因と予防
授乳

[0歳2ヶ月]おっぱいが詰まる原因と予防 [育児の体験談]

4058人に読まれました
2016-12-05 16:57
母乳育児をしているお母さんで、おっぱいが詰まった経験がある人はどれくらいおられるでしょうか。

私は頻繁とは言いませんが何回も詰まった経験はあります。

友達でも、全っ然食べ物には気をつかわず好きな物を好きなだけ食べていても、1回も詰まった事は無いという人もいるし、かなり個人差があるみたいですね。

私なりに私の経験や教えてもらった知識から、おっぱいが詰まりやすい状況と対策を考えてみました。
詰まってからでは遅いので、参考にしていただければ嬉しいです。
  • おっぱい自身のキャパ

    私のおっぱいは結構小ぶりなので、あまりおっぱいを溜めておく事ができません。そのため、授乳時間を空けるとすぐにキャパオーバーになってきて詰まりやすいみたいです。

    おっぱいのタンクが満タンになると、母乳の行き場が無くなっていって段々と詰まってくるというイメージです。
  • 授乳間隔を空けすぎる

    上記とほとんど同じですが、授乳間隔を空けすぎると、例えおっぱいが大きめの人でも詰まり始めると思います。
    2~3時間経ったら欲しそうにしてなくても赤ちゃんにおっぱいを飲んでもらうようにしましょう。もしくは自分で搾乳しましょう。
  • 食事

    甘い物や油っこいものはおっぱいが詰まりやすいとされています。同じ油でも、お肉の油やバターなど、常温で白く固まるような油は特にダメみたいです。ドーナツなんてもう最悪ですね。

    反対にオリーブオイルなんかは摂っても大丈夫みたいです。
    授乳中はできるだけヘルシーな食事を心がけましょう。私はお料理にできるだけ油を使わないようにして、使う時はオリーブオイルやごま油を少量ずつ使っていました。お肉も1度サッと茹でてから調理したりしていました。
  • ストレス

    ストレスと母乳も密接に関係しているみたいです。
    旦那さんの実家へ行く度におっぱいを詰まらせて帰ってくる人の話を聞いたことがあります(^_^;)
    妊娠中はできるだけストレスフリーに過ごしましょう!
  • 体調

    私は何度かおっぱいを詰まらせているのですが、高確率で体調を崩している時が多いです。熱を出したりして、自分でも結構しんどくなってくると詰まります。
    授乳中は体調を崩さないように気をつけましょう!
  • 飲ませ方・飲み方にムラがある

    毎回同じ方のおっぱいばかり飲ませていると、反対のおっぱいが詰まってきます。左右のバランスは均等にしましょう。

    また、飲みはじめはゴクゴク勢い良く飲み、後になるほど遊び飲みのようになってきますから、毎回同じ方のおっぱいから飲ませ始めていると、左右差が出てくる可能性があります。

    さらに、赤ちゃんの飲み方のクセによっては吸い方が弱い角度があったりするので、毎回同じ角度でばかり飲ませていると吸い方の弱い角度にある乳腺が詰まってきたりします。

    なるべく色々な角度(縦抱き、横抱きなど)で飲ませた方が良いでしょう。

みんなへメッセージやアドバイス

おっぱいが1度詰まってしまうととても痛い思いをしますし、ひどい場合はもう自力では治せなくなってしまいます(>_<)
私もあまり注意せずに適当に授乳をしていて、詰まってからその辛さを思い出し後悔する、という事を何度も繰り返してきました(~_~;)

もっとちゃんとこまめに授乳しておけばよかった…脂っこい食事はもっと控えておけば良かった…と。

おっぱいが詰まった時はほんとに
『チーーーーーーーン‼︎_| ̄|○』
って感じで、めちゃくちゃテンションが下がり全てのやる気が無くなります。
どうかどうか、おっぱいを侮らず、真面目に授乳生活を送ってもらいたいと思います。

脂っこい物も甘い物も美味しいですし、控えるのは本当に辛い事ですが、おっぱいが詰まりにくい食事を摂る事で赤ちゃんにとっても美味しい母乳が出るようになります。それどころか、大概の人はこの生活を送る事でとても健康的にダイエットをする事が出来て、私もかなり理想的な体重まで持っていく事ができました!

人生のうちで1人の子供に授乳する期間はわずか1年ちょっとです。その間だけでも是非赤ちゃんにとって美味しくて、そして自分の健康にも良い授乳生活を送ってみてください(*^^*)
1

上へもどる