カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. マネしてみました、フィンランドの子育て法
ママの悩み

[2歳]マネしてみました、フィンランドの子育て法 [育児の体験談]

413人に読まれました
2015-09-13 15:27
フィンランドは、教育法がユニークで、学力も世界ランクの上位に毎年入っている国で有名だと思います。
少し前ですが、テレビでフィンランドの教育が紹介されていたとき、一般家庭での育児の様子も紹介されていました。
その時、とてもステキだな!と思ったので、我が家でも真似しています。
それは、子供を寝かしつけるとき寝る直前にその日の出来事の中で何か一つ、その子のことをほめてあげるということでした。
そのフィンランドのご家庭では、2歳の息子さんが夕飯作りを手伝いたいとダダをこねていましたが、お父さんは(料理は旦那さんの担当!)怒ることなく、息子さんを抱き上げてお鍋を混ぜるのを一緒にしていました。
そして、お風呂に入ったあと絵本を読んだりして寝かしつけタイムになり、さぁ寝ようかという時に「今日は夕飯作りを手伝ってくれてありがとう、おかげでおいしくできたよ、おやすみ」と言っていました。
とってもステキな育児をされているなぁと感動しました。
私なら料理を手伝いたいとグズられた時点で、「急いでるからお手伝いはまた今度にして!」と言ってしまいそうです。
絶対抱っこしながらお手伝いさせて大変だったろうに、さらにそれを寝る前に褒めるなんて、素晴らしすぎます。
それから、私も寝る前に何か少なくともひとつ褒めるようにしています。
おトイレでおしっこできたね、とか、ご近所さんに「こんにちは」ってご挨拶できたね、とかです。
簡単なことでも大したことじゃないことでもいいんです。
具体的によかったことを言うことで、子供は自分がちゃんと見ていてもらえてると嬉しくなるし、褒められることで自信にもなるし、またやろう!と思うはずです。
寝る前にひとこと言うだけなので簡単だし、今日はちょっと怒りすぎたな…という日も、このひとこと褒めで、子供は安心して眠れると思います。

みんなへメッセージやアドバイス

ひとこと褒めをすることで、母である自分もなんだか優しい気持ちになれます。
もちろん「褒めるとこなんて何にもないわ!」とイライラしている日もありますが、何かひとこと言うだけで親子のお互いの気持ちが少し丸くなります。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる