カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. ぐずった子供を抱きしめることの重要性
遊び・あやし

[2歳]ぐずった子供を抱きしめることの重要性 [育児の体験談]

268人に読まれました
2015-09-19 23:05
言葉が早い方ではありませんでしたが、何故かすぐに言える様になってしまった「イヤ」という言葉…

それまでは、子供に手をあげて大きな声で叱りつけているお母さんを見かけては、自分はああならないでおこうと心に誓っていました。
しかし、今はその気持ちが痛いほど分かります。

私自身、親に手をあげられた事が無く育ったので、自分の子供にも絶対に手をあげないという強いこだわりがありました。

しかし、実際は子供が言うことを聞かない→言葉で叱る→泣きわめく→再度言葉で叱る→通じずさらに泣きわめくを繰り返し、結局泣きわめき、すがりついてくる子供をひたすら無視するという対応をしていました。

ある保育士さんの話によると、子供がぐずった時は、抱きしめて背中をトントンしてとりあえず落ち着かせる事が1番だそうです。

子供自身も泣きわめいてる間に何がイヤで泣いているのか、自分でも分からなくなる事があるそうです。
そんな時にお母さんに無視されてしまうと、この人は頼りにならないとインプットされてしまい、この幼少期の体験が反抗期に影響してくるそうです。

叩く、叩かないという事だけにこだわっていましたが、子供にとっては親が向き合ってくれるかどうかが重要なことなのだと思いなおし、反省しました。

子供にとって完璧の母親でありたいと思ってしまいますが、部屋が少々汚れていても、ご飯が少々手抜きでも子供と向き合う時間を優先していきます。

みんなへメッセージやアドバイス

何かと忙しくてかまってられない時もありますが、今だけなので好きなだけ甘えさせようと思っています。
3

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる