カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 助産院のメリットとデメリットについて
産婦人科・産院

[22w]助産院のメリットとデメリットについて [妊娠・出産の体験談]

3951人に読まれました
2016-09-01 12:06
私は、助産院で里帰り出産をすることにしました。理由は母の勧めです。
母曰く、病院で産むのは「産んだ」というより「産ませてもらった」という感覚らしく、自分の思うように産めるわけでは無いそうです。
また、ほぼ全ての病院で出産用の分娩台に乗るのですが、縛り付けられるという感覚であまり良いものでは無いそうです。
その点、助産院は自分の好きな体勢で産める事ができ、「自分で産んだ」という気持ちになれるそうです。

全て聞いた事で、これから出産をする私にはわからないのですが、何もわからないからこそ母の言う事に耳を傾けました。

そこで助産院のメリットを調べたのでお話しします。


【メリットは?】
・診察時間に余裕があって待ち時間がほぼ無い。
・医療処置が取れ無い代わりに建康的な民間療法に力を入れているところが多い。
・会陰切開(医療処置)できないかわりに、マッサージなどをすることで切らずに産む事ができる。
・助産師はおばちゃんが多く、妊婦としての経験もあり先輩お母さんなので気兼ねなく話を聞く事ができる。(病院は男の先生が多いですよね)
・出産は体力勝負なので、体力をつけるために運動をし、結果安産になりやすく、産後の回復も早い事が多い。
・出産費用が安く抑えられる。
・入院中の食事が美味しいところがある。
・入院中、家族も一緒に入院出来るところもある。

【デメリットは?】
・医療処置ができない。(ですが、助産院と提携してる病院があるところが多く、すぐにかけつけられるので安心です)
・運動や体調管理を怠る人には不向き。
・いざという時は病院へ搬送。
・助産院の性格が自分と合わないと嫌な思いをするかも?

いかがでしたか?
私がお世話になる助産院の先生は、サバサバしたおばちゃんで、少し体育会系?でした。
臨月になると2〜3日ごとに無料で診察をしてくれて、毎朝9時から他の臨月ママさんたちと散歩をしたり運動をしたりと交流する事ができるそうです。
また、出産一時金の42万円でおつりがくる安さで出産する事ができ、入院は家族ともできるみたいです。出産から1ヶ月の間は相談や指導を無料で行ってくれます。

年末年始も休まず診てくれるので、年始に産まれそうな私にはとても有難いです。

まだ6ヶ月ですが、今から里帰りするのが楽しみです。

みんなへメッセージやアドバイス

もし病院選びで迷っていて、家のそばに助産院がある方は、電話だけでもしてみてはいかがでしょうか。
0

妊娠22w前後の体験談

上へもどる