カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. うんち・おしっこ >
  4. 我が子の便秘奮闘記 その1
うんち・おしっこ

[0歳10ヶ月]我が子の便秘奮闘記 その1 [育児の体験談]

722人に読まれました
2015-09-14 23:31
こんにちは!子供って意外と便秘になりやすいそうですね。大人女子の悩み~というイメージつよいのですがね(笑)

我が家の上の子は小さい頃ヒドイ便秘で泣きながらうんちをしている日々がありました。今回は我が家で行っていた子供の便秘対策と便秘ヒストリー(笑)を紹介します。

⚫生後10ヶ月頃
この時点では子供が便秘症という認識はなし。
オムツを替えていたら肛門のしわしわの所に水疱みたいなものが二つ出来ているのを見つける。(時計で言うと12時と6時の方向)
小児科➡小児外科へ受診し、硬いうんちを頑張ってだして切れたあとだと知る。(これをスキンタブというらしい)そして、硬いうんちを必要以上の力で出し続けていると治らない。どうも小さい女の子には多いらしい。
とのことで、うんちを柔らかくする薬を飲んで様子をみることに。この時の薬名前が正確には覚えてないのですが、“酸化マグネシウム”だったと思います。1日3回分を処方されうんちの出具合で1日に2回~1回飲む…と調節してました。確かにこの薬を飲むとうんちが柔らかくなってめちゃめちゃ頑張って出すということはなくなりました。
2~3週間ごには赤みがあった水疱も色が落ち着き1~2ヶ月たつ頃には少しずつ小さくなっていきました。
コレを約1年続けていました。
この時点でちょっと小さくなっただけ。

⚫1才11ヶ月頃
上記の薬を毎回1か月分処方されていました。また薬がなくなってきた頃に受診をすると、担当医がいない!先生が変わってしまってまして、カルテでの記録はあるものの細かな経緯は一から話すことに…。
今までの経緯を話すと今回の担当医はいいました。
『この薬、下剤なんだよね。コレをのんでも治らないよ~。』
…え??なにそれ!?
この1年やってきたのはなんだったのだろうか…。

ということで、薬はまた違うものを処方され一からやり直すことに…。
この時の処方されたくすりは“ミヤBM細粒”と“強力ポステリザン軟膏”というもの。
ミヤBM細粒➡整腸剤。1日3回飲む。
強力ポステリザン軟膏➡座薬みたいに軟膏を注入。1日1本(朝、晩を半分ずつ)

とりあえず2週間分処方されました。

つづく~。
0

上へもどる