カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. うんち・おしっこ >
  4. 我が子の便秘奮闘記 その2
うんち・おしっこ

[2歳]我が子の便秘奮闘記 その2 [育児の体験談]

927人に読まれました
2015-09-14 23:39
⚫2週間後
あら♪びっくり!!あの1年かけて小さくしていったスキンタブがより小さくなってきた!
とのことで、しばらく前回と同様の処方で様子をみることに。

⚫1か月後(2才)
みるみるうちに小さくなっていきました。飲み薬は整腸剤とのことで、うんちの出方が自然になってきた感じがしましたね。
担当医からも『良くなってきてるからもう少し』と言われるように。
便通の調子がいいなら飲み薬の回数を減らしていくことになりました。
ミヤBM細粒➡1日2回
強力ポステリザン軟膏➡1日2回(変わらず)

⚫2ヶ月後(2歳1か月)
スキンタブの大きさは1か月前とあまり変わらないものの赤みが消え周りの肛門の色とほぼ同じ色になる。
前回と同様に便通の調子がいいなら…とのことで
ミヤBM細粒➡1日1回
強力ポステリザン軟膏➡1日1回(1日半分)
軟膏も回数を減りました。

⚫3ヶ月後(2才2ヶ月頃)
スキンタブは大きさが変わらないからもうこれ以上は変化がなさそう…とのことで、処方薬なくなり治療終了。


小児外科の担当医が変わってからたった3ヶ月でわたしたちの便秘&痔の戦いは終了しました。本当にその前の担当医の治療はなんだったのか…。

しばらくは整腸剤を飲まなくても便通は悪くなかったのですが、夏場はやはり便秘になりがちですね。
治療が終了となるときに担当医から教えてもらったアドバイスを参考に今でも実践していることがあります。

◎うんちを柔らかくする食べ物➡ひじき、わかめ等の海藻。オレンジ、グレープフルーツ等の柑橘類の果物。

いま子供は四才ですが、これらを毎日1食の中に取り入れるようにしています。おかげで、するんとうんちが出ているみたいです。

◎うんちを硬くする食べ物➡りんご、バナナ等の身を切ったあとに黒く?茶色く?変色するもの。
どうやら、ポリフェノール?タンニン?の成分がうんちを硬くしてしまうみたいです。
りんごのすりおろしやバナナってお腹に良さそうですよね?それはお腹がゆるいときに食べるといいよってコトだそうです。バナナは熟してないとだめだそうですよ。

◎番外編
ヤクルト!
スーパーでたまたま出会ったのですよ。
試飲のおばちゃんに『子供が便秘で…』と相談したら、『1回試してみてよ!1日1本。朝じゃなくて夜寝る前にね!歯磨きはしっかりよ!』とセールストークもしっかりしていただきました(笑)
で、試した結果。翌日から効果が♪しかも副産物?まで♪冬場3ヶ月程大体毎日飲んでいたおかげか、インフルエンザや風邪、大きな病気はひかずに過ごせましたよ。

ヤクルトを飲むポイントは“夜寝る前”らしいです。朝でもわるくないけど、ヤクルト菌がお腹の中で一番長くとどまって菌が沢山増えるのが寝てる間なんだそうですよ。

あと!いちごやぶどうも食べた翌日はいい感じでした。やはり水分を沢山体に取り入れることが重要なんでしょうね。



そんなこんなで我が子は4才9ヶ月。成長とともに腸の働きも強くなってきたのかヤクルトにも頼ることもなくなりました。
下の子は同じく女の子。いま1才5ヶ月。上の子の経験をもとに食事を気をつけて便秘知らずな生活をしております♪

みんなへメッセージやアドバイス

こどもの便秘でお悩みなママさん、一度小児科で相談してみたらいかがでしょうか?
意外とこどもの便秘ってありがちだそうですよ。
2

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる