カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 添い乳はしない
睡眠(ねんね)

[0歳2ヶ月]添い乳はしない [育児の体験談]

917人に読まれました
2015-05-14 23:22
泣いてもあまり構わず、自力で眠れるように様子を見ていました。
  • 私の寝かしつけ方法

    私は完全母乳だったので、おっぱいをあげて寝かしつけていました。
    上の子が赤ちゃんだった頃も完全母乳だったのですが、上の子はおっぱいで寝かしつけた後に布団に降ろすと泣いてしまう赤ちゃんだったので、寝かしつけは「添い乳」にしていました。

    しかし、添い乳は楽な反面、赤ちゃんの「眠るための道具」になってしまうので、眠っていた赤ちゃんが覚醒したときに、口元におっぱいがないと、寝てくれなくなってしまうのです。

    別におっぱいを飲みたいわけじゃないのに、夜中頻繁に起きるたびに添い乳でまた寝かす、という辛かった経験があるので、下の子の時には添い乳で寝かさないと決めていました。

    私がやっていた寝かしつけは、上の子が寝ている隣に座って、赤ちゃんにおっぱいをあげます。
    上の子には、あかちゃんにおっぱいをあげないといけないからママは一緒に寝れないけど、隣にずっといるし、赤ちゃんが寝付いたら、ママも隣で一緒に寝れるからね、と言っていました。
    赤ちゃんが寝付いたら、布団に降ろして、上の子、私、下の子の並びで寝ていました。
    夜中に赤ちゃんが起きたときも、おっぱいをすぐにあげずに、まずは「大丈夫だよ」と近くにいることを分からせ、軽く背中を触ると、また寝てくれました。
    泣きやまないときは布団の上に座って授乳して、寝付いたら布団に降ろす、という風にしていました。

    添い乳をしないでいたおかげで、そんなにおっぱいに固執することもなく、断乳もわりとすんなりとできました。

みんなへメッセージやアドバイス

上の子ははじめての子供ということもあって、私も神経質になっていたし、そのおかげで上の子は神経質な子で、よく泣いていました。
それに比べて下の子は泣いても構われないと勝手に寝てしまったり、上の子がうるさい環境で育っていたので、うるさくてもグウグウ寝ているような子でした。
なので寝かしつけも兄弟で全然違うものでしたが、やはり親がどうしようとオロオロしているよりは、泣いていてもどっしり構えているほうが、子供の寝かしつけにも少なからず影響するのではないかなと思いました。
0

上へもどる