カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児黄疸について
病気と症状

[0歳0ヶ月]新生児黄疸について [育児の体験談]

1329人に読まれました
2015-09-15 13:33
初めての出産だと子に少しでも何か普通じゃないことを言われると心配になると思います。私もそうでした。入院4日目で黄疸が出てるといわれ、「え、なに、やばいの?大丈夫なの?」ととても心配になりました。
黄疸とは、体内でビリルビンというのが増加して起こる現象です。普通は肝臓で処理されるので過剰に増えることはないのですが、生まれてすぐはビリルビンが一時的に増加するのと赤ちゃんの肝臓はまだ働きが十分でないので処理しきれずに黄疸となって現れるそうです。
実際、黄疸の数値が高めなことはまぁよくあることらしく、そんなに気にすることでもないみたいです。特に母乳には肝臓の酵素の働きを弱める女性ホルモンが多く含まれてるので、母乳の子には、よくあることとか。
数値は放物線を描く形で増減するので、生後3日目くらいに増えてそこから徐々に減っていくかんじです。うちは、その増加の過程で病院の目安の数値を少し超えてたので、光線療法を受けて治すことになりました。
お医者さんは「日サロベッド」と呼んでて、確かに!と思わず笑ってしまいました。日サロやったのはこの一日だけでそれでも数値が少し下がったので次の日に通常通り退院できる運びとなりました。
その後、ご家庭で出来ることは日の光に当てることだそうです。それでどの程度の効果があるかはよくわかりませんが、自分に出来ることはやろうと思いました。
それから一週間後の再検査でビリルビン値は、低くないけど上がってもないから大丈夫 ということで無事に黄疸問題は解決したのでした。

みんなへメッセージやアドバイス

最初はわからないことだらけで病気なんて言われると心配してしまいますが、黄疸はそんな珍しいことでもないみたいです。赤ちゃんの様子を見て皮膚の色などをチェックしながら落ち着いて対応すればいいと思いました。
2

0歳0ヶ月前後の体験談

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる