カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 自宅安静でブルーな時こそ挑戦を
妊娠後期(8ヵ月以降)

[35w]自宅安静でブルーな時こそ挑戦を [妊娠・出産の体験談]

2507人に読まれました
2015-09-16 18:10
私2児の母ですが、2児とも妊娠後期は自宅安静を言い渡されました。
切迫早産気味ということでずーっと自宅安静。

先生にどれくらい安静にすればいいか聞くと、家事はある程度は良いけど散歩とかしないでね。
外に行くのも30分以内で買い物くらいね。
あとはゆっくり座ってるかできれば横になっていてね。ということでした。

もともと家でじっとしているのが苦手な私には苦痛以外のなにものでもありませんでしたが、お腹の赤ちゃんのためと我慢我慢の毎日でした。

ゆっくりしてていいよと言われると楽だー!と思いがちですが、毎日毎日となると正直飽きます。その頃の私は友達にクロスワードパズルの本を買ってきてもらい3日で終わらせてしまったりするほど暇人でした(笑

なので携帯で出産エピソードを読んだり切迫早産について調べたりもしましたが、なかなか時間のつぶし方がわかりませんでした。

この時間を赤ちゃんのために有効に使いたいなと思いソフロロジーを取り入れている産院だったのでソフロロジーのCDを聞いてイメトレを何度も何度も重ねたりしました。
が、心ばかりが焦るだけで時間はなかなか過ぎていかず1日がながいなーとおもっていました。

そんな時友達が手芸キットを買ってきてくれました。
赤ちゃんのためにこれ作ったらどう?と

その時に作ったのが写真のこれです。
そのほかにも男の子だったのでパトカーやバスをつくったりもしました。

これが案外私には向いていたようでこれをつかって遊ぶ我が子を想像しながら楽しく過ごすことができました。

みんなへメッセージやアドバイス

ミシンが上手な方はスタイなんかをつくってもいいし編み物が得意な方は靴下なんかもいいですね。
ただ、あまり根をつめすぎて早産にならないよう気をつけてくださいね。
時間はたくさん有りますから。

ただ、今思うとあの時の時間はすごく贅沢なじかんだったなと思うのでみなさん有意義に使ってくださいね!
0

妊娠35w前後の体験談

上へもどる