カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. ベネッセのワールドワイドイングリッシュのおもちゃが可愛い
遊び・あやし

[3歳]ベネッセのワールドワイドイングリッシュのおもちゃが可愛い [育児の体験談]

295人に読まれました
2015-09-16 09:48
上の子が一歳ちょうどくらいから、ベネッセのワールドワイドイングリッシュをとっています。
同じくベネッセではしまじろうが出演する英語教材と2種類あります。
それぞれの違いは、ワールドワイドイングリッシュの方は、日本語が一切教材には出てこない、しまじろうの英語教材よりもより深い英語力を身につける、等です。
我が家は、当時しまじろうの教材の存在を知らなくて、なんとなくワールドワイドイングリッシュにしました(適当ですね)

教材にはおもちゃも付いてくるのですが、どれもデザインが凝っていてオシャレです。

我が家の子供達が特に気に入ってるおもちゃは、サンドイッチ作りや着せ替えができるおもちゃ、ネフ社の積み木、カードを入れて音声が出るおもちゃです。

サンドイッチ作りと着せ替えが出来るものは、丸い箱がクッキー箱のようで可愛いです。
着せ替えは人に磁石がついていて服を上から貼れるようになってます。
ネフ社のは一般の輸入おもちゃを扱うお店でも手に入ります。1歳代の下の子は積み重ねられるようになりました。様々な積み重ね方を工夫出来るので楽しいおもちゃです。

肝心の英語力はといえば、ゆるーくやってるのでボチボチです。
やっぱり日頃から常に親が英語の挨拶などで働きかけ無いとなかなか身につきにくいなと思います。
「グッジョブ!」と言って褒めるくらいでしょうか。
しかし外出先ではなかなか気恥ずかしくて言えません(汗)
しかしこの記事を機に今夜の挨拶から見直して見たいと思ってます。

0

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる