カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 園生活と学校生活の違いと成長
保育園・施設

[6歳]園生活と学校生活の違いと成長 [育児の体験談]

391人に読まれました
2015-09-16 12:31
今日三女と一緒にお買い物へ行く途中、田舎道を走っていたら長女が通っていた園バスとスレ違いました。
幼稚園では我が家のマイホームがある町の農園で毎年りんご狩りをしています。
年長さんだけですが、一年間りんごの成長を観察して、秋に収穫をして幼稚園の近くにある市役所や郵便局などに「いつもありがとうございます」とお礼とりんごを持っていくのが毎年恒例です。
きっと、今日すれ違ったのもりんご狩りに行く途中だったのかな~なんて懐かしさと切ない気持ちになりました。
赤い画用紙を鼻に突っ込んで「みてみて!鼻血~!!」と笑っていた去年の今頃。
成長したな~笑



  • 幼稚園生活と学校生活

    長女が通っていた幼稚園では縦割り保育が主でした。クラスに3歳未満児から年長さんの子がいます。裸足保育で週5日お弁当。月に1度のお誕生会の日は、お誕生者のお母さん達で全園児のお昼ご飯を作ります。食材調味料が道内産や日本産でお野菜のほとんどがバスの運転手さんが作ったお野菜でした。体に安全・安心を徹底していました。子供は遊びで学ぶと言う方針でお勉強は無く、そのかわり子供達での話し合いがたくさんある幼稚園でした。
    子供達で相談して意見を言い合い、耳を傾けて物事を決めます。そして大きい子は小さい子のお世話をしたり、自然とみんながみんなを気にかけてあげられるような保育の仕方でした。

    毎日遊んでいた幼稚園も、小学生になれば毎日お勉強です。
    長女が通っている小学校はド田舎の端っこということもあって、児童のほとんどが農家さんの子供です。
    学年も数人なので、全校児童50人以下です。そのようなこともあって、とにかく学習に力を入れてくれています。放課後学習の日・絵本の読み聞かせの日・放課後に色々と遊んだり工作をする子ども教室があったりします。
    きっと家と家が遠くてなかなか遊びに行けない事もあって、放課後の時間を作ってくれているのかもしれません。

    幼稚園で勉強をしなかったせいか、毎日でる宿題も楽しく行っています。
    初めての色々なお勉強がとても楽しいと言っていました。
    勉強が苦手だった私はタダタダ驚くばかりです。笑
    入学して4日目あたりから5時間授業が始まって
    週5日全部5時間授業です。
    枝豆アレルギーがあるため、給食に枝豆が入ってる日は家で除去食を作って持たせています。





    幼稚園で経験した縦割り保育ですが、学校でも縦割り時間があるようです。
    それは掃除の時間です。
    大きいお姉さんたちから色々と教わりながら掃除をしているようです。

    誰も知り合いのいない旦那の実家の隣に家を建て、新しい生活を始めました。
    長女もお友達作りなど不安がいっぱいだっただろうと思いますが
    幼稚園の先生に親子共々背中を押してもらいました。





みんなへメッセージやアドバイス

幼稚園を卒園して、学校生活が始まるとなると不安にもなりますが
なるようになります!
子供はお友達を作る天才です!
何事も一生懸命です。
そんな姿を私たち親も見習えば、不安なことやPTA活動なども乗り越えられる気がします!



1

妊娠6歳前後の体験談

上へもどる