カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. ねかしつけどうしよう。
睡眠(ねんね)

[2歳]ねかしつけどうしよう。 [育児の体験談]

441人に読まれました
2015-09-17 17:34
子守唄を歌う、絵本を読む、背中トントン、寝たふり、抱っこにおんぶなどなどママ友さんが実践しているねかしつけを次々試すも、コロンともせず、立ち上がり続ける娘。
授乳中は授乳でねかしつけていたけれど、卒乳後はどうしたらいいものか。ととても不安でした。
卒乳してから、おっぱいなしで大丈夫かしら?と思って絵本を読んで、背中トントン。やっぱりダメ。喉が乾いてるかな?とお水を飲ませてみたり。でも元気元気!テレビ見る!なんて言い出す始末。でも卒乳が目標なので、テレビを見せてしまったりして、どんどん睡眠時間が遅くなります。私の方が眠くなってしまう〜!と弱音を吐き始めた頃、「お薬ちう(つける)」と娘。虫に刺された箇所がかゆいようで、お薬を塗ってほしいと言います。
足に薬を塗り塗りしていたら、なんだかウトウト。あれ?寝ちゃうのかな?と、さらに塗り塗りしていたら、なんと眠ってしまいました。

翌日も「お薬ちう」と言って、塗り塗りしていたら、今度は「みみ」と言います。耳掃除かぁ。と耳掃除をしていたら、寝てしまいました。お薬つけるのと、耳掃除。これが娘のねかしつけ方法になりました。

今では、「ねんねセット」というカゴを用意して、虫刺されの薬、耳掃除用の綿棒、綿棒につけるオリーブオイル、飲み物を入れて、ベッドの横に置いています。ねんねセットでねんねしようというと、ベッドまで来てくれるようになりました。こうやって、少しづつ自分で寝られるようになるのでしょうね。

みんなへメッセージやアドバイス

ねかしつけ方法はいろんな方法でやっている人がいるので、周りのお友達に聞いてみるとおもしろいとおもいます。その子の望むねかしつけ方法が見つかると良いですね。うちはすごく時間がかかりました。
2

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる