カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. とびひになった。
病気と症状

[4歳]とびひになった。 [育児の体験談]

745人に読まれました
2015-09-17 12:19
長女のに最近、丸く皮膚が剥がれたような後が2、3箇所できました。

一つが治ると、また一つできるというかんじでしたが、
引っ掻いたりしたあとにできていたように思います。

お腹の下あたり、ちょうどパンツに隠れるあたりに出来て、なかなか治らなかったので少し気になっていました。

しばらく、皮が向けたような状態で、
手が当たったりすると痛がっていました。

場所的にもなかなか治らないのかな、と思いつつ様子見をしていましたが、いつのまにかカサブタになって治っていました。

そこが治ったと思ってたら次は二の腕にいつのまにか、丸く皮膚が剥がれたような傷ができていました。
お腹の下にできたのと同じ状態でした。

腕は乾きやすいからか、割とすぐにカサブタになって治っていきました。

すると次は、足の付け根のあたりにまた同じものができました。

この時点では蚊にさされて、そうなってしまっているのかな?と思っていました。


でも、何日か経って、足の付け根あたりにできた丸い傷の周りに小さい傷がたくさん広がっていました。

一目で「とびひ」になっているのがわかりました。

今思えば、お腹の下あたりにできたのも、腕にできたのもとびひだったのかもしれません。


とびひは、引っ掻き傷などに菌が入って化膿してしまうというものです。

その菌は、普段鼻などにいる菌や、皮膚にいる菌が原因です。

疲れていたり、体調が悪いととびひになってかまうそうです。


朝晩が肌寒くなったころ、鼻水を少しだしていたのでそれでとびひになってしまったのかな〜と思います。


次の日、すぐに皮膚科に行って塗り薬と飲み薬をもらいました。

とびひは抗生物質も飲まないとなかなか治らないそうです。


夜、お風呂のあとに、もらった塗り薬を塗って上からガーゼを当てます。

薬は抗生物質なので、苦いみたいで少し嫌がりながらも頑張って飲んでいました。

とびひになって5日経ちましたが、ほとんどの傷が治りかけています。

みんなへメッセージやアドバイス

とびひはあっという間に広がってしまうこともあるので、怪しいと思ったらすぐに皮膚科を受診したほうが良いです。
1

妊娠4歳前後の体験談

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる