カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 熱性痙攣を起こした時はあせらず観察を!①
ケガ・応急処置

[1歳2ヶ月]熱性痙攣を起こした時はあせらず観察を!① [育児の体験談]

531人に読まれました
2015-09-17 22:28
子供が高熱を出すと心配になりますよね。
我が家の長男はインフルエンザにかかった際熱性痙攣をおこしました。

比較的元気で保育園でもあまり風邪をもらってこない長男。
それまで病院のお世話になることも少ないくらいの健康優良児です。

そんな長男がご飯を食べた後すこしだるそうにしていたので熱を測ると36.9度
うーん。微妙だなと思いつつも、本人はだるいなりにも歩き周ったり遊んでいたので大丈夫だろうと思っていました。
が、とことこ歩いていたかと思うと急にバタンと倒れました。

私は躓いたなと思い振り返ると
なんと白眼になり口から泡を吹いて痙攣しているではありませんか。

それまで走り回っていた我が子が急にそんな状況に陥り私はパニックになりました。

そして肩を叩きながら名前を呼びましたが痙攣はとまりません。
急いで救急車を呼び早くきてくれ!!と祈り続けました。

するとパタっと痙攣が止まったのです。
でも本人はぐったりしたまま目を開けません。

そうこうしているうちに救急隊の方が到着し救急車へ。
救急車へ移動する途中に長男は目を開きましたが、まだ意識朦朧な感じです。

救急車内で熱を測ると40度
痙攣をする前に計った熱とは大違い!
時間にして20分くらいの間にあっという間に熱が上がっていたのです。

そして救急車内でも、病院でも同じ質問をされたのですが私は正確に答えられませんでした。
聞かれたことは

・痙攣していた時間はどれくらいか
・痙攣は左右対称だったか
・痙攣中に嘔吐などはあったか
・呼吸はしていたか

です。
これはとても大切なことですのでもしもの時のためにおぼえておくといいとおもいます。
熱性痙攣について②でもうすこし詳しく書きたいと思います。


みんなへメッセージやアドバイス

突然痙攣するとパニックになってしまいますが少しでも冷静に対処できるよう頭の片隅に入れておいてもらえるといいと思います。
3

上へもどる