カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 熱性痙攣を起こした時はあせらず観察を!②
ケガ・応急処置

[1歳2ヶ月]熱性痙攣を起こした時はあせらず観察を!② [育児の体験談]

529人に読まれました
2015-09-17 22:58
さて熱性痙攣についてどのように対応したら良いのかを詳しくまとめておきたいと思います。

熱性痙攣の起こりやすい状況
・熱が急に上がった時、下がった時

これは正直熱がいつあがるかなんて予想がつきませんよね。特に我が家の長男は遊びまわっていたかと思うと急に発熱するタイプです。なのでなかなか痙攣を防ぐというのは難しいと思います。ただ、注意してほしいのは急に熱が下がる時です。
子供の熱が高いと可哀想で解熱剤を使うことありますよね?
ですが、解熱剤をつかうと急に熱が下がります。これで痙攣する子もいるようです。
そして一時的に下がった熱が再度上がるこれで痙攣する場合もあります。

むやみやたらに不安になることはありませんが、特に過去に一度痙攣をしたことがあるお子さんは上記の点を考えお医者さんと相談の上使用されるほうが良いと思います。

そして痙攣した場合の注意点です。
・痙攣中は話しかけたり身体を揺すったりしない
・痙攣が始まったら何か食べている最中であれば顔を横にする
・痙攣している時間を計る
・痙攣が左右対称かみる
痙攣は左右対称で2-3分のものであれば単純熱性痙攣であり特に問題はないそうです。
なので観察をして痙攣が終わってから病院を受診するよう言われました。

しかし左右対称ではない痙攣や5分以上痙攣が続く場合などはすぐに救急車を呼ぶよう指導されました。

また、昔は痙攣をしたら舌を噛まないように割り箸を噛ませる。とか口の中のものをかきだすとか言われていたそうですが口の中に何か入れるほうが危険ですので絶対にやらないでください。

突然の痙攣はこれらのことを頭に入れていてもやっぱりパニックになります。
現に長男はこれまで3度痙攣していますが毎回私はあせるママですが、最低限の観察はできるようになりましたよ!

みんなへメッセージやアドバイス

知っているのと知らないのではやっぱり全然違います。
痙攣しないにこしたことはないのですが、もしもの時のためにおぼえておいてくださいね。
1

上へもどる