カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 妊娠中期、後期の足のむくみ。原因と対策方法
妊娠後期(8ヵ月以降)

[32w]妊娠中期、後期の足のむくみ。原因と対策方法 [妊娠・出産の体験談]

10301人に読まれました
2016-03-09 15:06
はじめにむくみの症状が出たのは、妊娠7か月ごろでした。
  • 妊娠中期からむくみやすくなる

    今まで働いていた会社を辞めて、ある事業所に挨拶しに車で片道1時間ほど運転し、帰宅したところ…右足だけパンパンに腫れ上がりました。

    翌日、通っていた接骨院で10分のマッサージコースをやってもらったのですが、治らず、2日後ぐらいに戻りました。

    それがきっかけだったのか、その後、長時間の運転や同じ姿勢を続けるとむくみやすくなりました。
  • 妊娠中のむくみの原因

    妊娠9か月ごろには、普通に生活していても両足パンパンにむくむようになりました。
    心配して検診時に先生に相談したところ、特に問題のない範囲だったらしく、塩分を取りすぎないよう気を付けるよう言われただけでした。

    妊娠前のむくみと全然違い、空気を入れたかのように膨らむので、大丈夫か心配になりました。

    妊娠後期のむくみは赤ちゃんが生まれるためにお腹の下のほうへ移動するため、下半身の血流が悪くなることが原因のようです。
  • 妊娠中のむくみ対策

    劇的な効果はありませんでしたが、私が行った対策をまとめます。

    ●塩分を控える
    ●湯船に入り、血行をよくする
    ●夫に足をマッサージしてもらう
    ●ずっと同じ姿勢をしない
    ●寝るときに折りたたんだ布団などで足を高くする(あまり高くならないように注意)
    ●散歩(運動)を行う

    不思議なことですが、出産当日になったら、それまでのむくみがすっかりなくなりました。
    むくみがとれないことで不安になったりするかもしれませんが、医者に注意されなければ大丈夫だと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

写真の足は現在の状態です。わかりづらいですが、むくんだ時にうっ血してしまい、むくみがとれた今でもうっ血の後が残っています。
日頃、むくみやすい、冷えやすい方は早め早めのボディケアをしておかないとあとで後悔するかもしれません。
2

妊娠32w前後の体験談

上へもどる