カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 赤ちゃんと引越し。その2
おでかけ

[0歳5ヶ月]赤ちゃんと引越し。その2 [育児の体験談]

406人に読まれました
2015-09-19 22:49
夫婦でコンパクトな生活を送り始めた矢先の妊娠。
どうにか快適に暮らしてはいたものの産後5ヶ月ごろになってきてやはり今後の息子の成長も考えて引越しを決意しました。


物件は決まったものの、今の住居の退去日がかなり先だったので引越しまでは2週間強とわりと時間がありました。
引越し業者に見積もりをとり、いざ段ボールが届いたのが2週間前。

夫は仕事が忙しいので、平日の荷造りは私の担当でした。
しかしながら、5ヶ月の息子を抱えての引越し準備の進まないこと進まないこと…。
基本的に起きている間にできることはほとんどなく。
息子が寝たスキに、こそこそと動くことに。

普段は狭いけどコンパクトで動きやすい我が家がスキでしたが、
この時ばかりは寝室が別にあればいいな…と切実に思ったものでした。
息子のすぐ横で、荷物をもってあれこれ動くのはいつ起きるかとドキドキ…。
それでもどうにか荷物をまとめていきました。

最後の1週間はほぼ段ボールに囲まれた生活。
しかしながら、日々の生活は続くのと息子用にしまえないものがたくさんあって
結局夫が前日に徹夜状態で荷物をまとめてくれました。
その間、息子と私は実家へ避難しお泊まり…。
頑張ってくれた夫に本当に感謝していますー。

当日は業者さんの手際の良さに助けられて同じ市内の移動なので
あっという間に引越しができましたが、荷ほどきがさらに大変でした…。

とりあえず寝床とお風呂はすぐ使えるように確保して、息子を休ませて寝かせること
用意だけはしておきました。

まだ、ハイハイをする頃ではなかったのである程度のスペースを確保すれば
その場所にいてくれるのでこの時期でよかったなと思ってます。
動き回る子だったら落ち着いて荷ほどきもできなかったかも…。

その後わりと早くどんどん動くようになったので、引越しの決断のタイミングは
間違ってなかったねーといまだに夫婦で話しています。
決め事が多かったり、お金が痛手だったりいろいろありましたが
成長した息子が元気に動ける家になったのでよかったなと思っています。


1

上へもどる