カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 辛かったつわりの時期
つわり(悪阻)

[6w]辛かったつわりの時期 [妊娠・出産の体験談]

696人に読まれました
2015-05-18 00:43
寝てばかりでなかなか子供をかまってあげられなかった日々
  • 一人で寝ていられない辛さ

    私は一人目を産んだときもつわりがとても辛かった経験があるので、今回の二人目の妊娠のときも、まず出産よりもつわりの恐怖におびえていました。
    しかも、今回はつわりで辛くても、2歳の子供がいるので一人でゴロゴロと寝ているわけにもいきません。
    私は6週くらいで徐々につわり症状が現れました。
    お腹は空くけど食べたいものがないし、本当に気持ち悪く、上の子にはかわいそうだったのですが結局寝てばかりいました。

    どうにか食べれるものを考えて、蒸し料理や、ざるそばなど、なるべくさっぱりしたものを食べていました。
    しかし食べると消化せずにずっとお腹に残っているという感じで、食べたら最後、ずっと気持ち悪い。という感じで最悪でした。

    あらゆるにおいが気持ち悪くて、特に水周りが本当に気持ち悪くて近づきたくもありませんでした。
    上の子も最初は動けない私にイラだって機嫌が悪くなったりしていたのですが、あまりにも毎日私が「気持ち悪い」と言いながら寝転がっているので、そのうち「ママ、気持ち悪いの?大丈夫?」と心配してくれるようになり、それも本当に申し訳なくて、でもどうすることもできなくて辛かったです。

    その後、唾液つわりというものになり、唾液にすごく違和感を感じるようになり、気持ち悪くて飲み込めなくなりました。
    意識すればするほど唾液が溜まり、そのたびに洗面所に行き唾液を吐き出す。ということを頻繁にしていました。
    これも本当に辛かったです。
    そんなつわりに耐える日々が大体3ヶ月くらい続きました。
    やはり、一人目の妊娠の時よりも、小さな子供を見ながらのつわり時期は本当に辛いものでした。

みんなへメッセージやアドバイス

つわりは終わりがある、と思っても毎日毎日「気持ち悪い」に体が支配されて本当に辛かったです。
まるで毎日がひどい二日酔い。という感じでした。
2人出産した今でも、妊娠は出産よりもつわりが怖いというイメージは今でも変わらないです。
2

妊娠6w前後の体験談

上へもどる