カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 緊急帝王切開*微弱陣痛で出産に繋がらない
出産

[41w]緊急帝王切開*微弱陣痛で出産に繋がらない [妊娠・出産の体験談]

1022人に読まれました
2016-04-07 15:36
なかなかお腹から出てきませんでした。
  • 緊急帝王切開

    私の過去2回の出産は、1人目は緊急帝王切開での出産、2人目は計画帝王切開での出産でした。

    一人目のときは微弱陣痛のためなかなか出産に繋がらなかったために緊急帝王切開になりました。

    微弱陣痛とはいえ、かなり痛いところまできていたし、それを丸2日くらいずっと耐えている状態だったので本当に疲れ果ててしまってるところでの「緊急帝王切開」となったので、手術に対する恐怖心よりも、「やっと楽になれる」という思いが強かったし、もう疲れて果てていて、あまり考える気力もなかった気がします。

    手術では、麻酔科の先生が私の顔の上で常に見守っていてくれ、産婦人科のいつも見てくれていた先生が手術をしました。
    私は手術が初めての経験だったので、緊張していたのですが、看護士さんが隣でずっと手を握っていてくれて、頻繁に話しかけて安心させてくれました。

    麻酔科の先生も面白い冗談などを言ってくれたり、「BGMにかける音楽は何がいい?」と聞いてくれたりと、すごく和やかな雰囲気でした。
    「手術ってこんなにゆるいムードなの!?」とびっくりしましたが、とても怖がりの私が、すごく安心して受けることができました。

    少しでも怖かったり不安なことがあれば、すぐに大げさにでも対応してくれて、全てを委ねられるといった感じでした。
    これから赤ちゃんを産んで母になるというのに、まるで私が赤ちゃんにでもなったかのような、いたれりつくせりの甘えられる環境だったということをすごく覚えています。

    安心させてあげようとお医者さんや看護士さんが気を使ってくれたんだと思うと本当に嬉しく思いました。

    肝心の手術は、背中に打つ麻酔もほとんど痛みは感じず、すぐに麻酔も効いて、手術中も全く痛みも感じませんでした。
    赤ちゃんを出すときにお腹を押すので、ちょっと苦しいけど頑張ってね!と言われましたが、ほんとに押されてちょっとだけ苦しいというくらいの程度のものでした。
    赤ちゃんを私の隣に持ってきてくれましたがしっかりは見れず、手を握っただけで連れて行かれてしまいましたが、本当に「良かった」という言葉につきました

みんなへメッセージやアドバイス

帝王切開でも、人によって痛かったり痛くなかったり、人それぞれだと思いますが
とにかく我慢しないこと!だと思います。怖かったり、不安だったり、ちょっとでもおかしいと思ったことはすぐに聞くのが一番だと思います。
我慢が痛みに繋がってしまったら大変ですので、迷惑とか思わずにどんどん訴えてくださいね。
1

妊娠41w前後の体験談

上へもどる