カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 一歳の胃腸炎
病気と症状

[1歳6ヶ月]一歳の胃腸炎 [育児の体験談]

911人に読まれました
2015-09-21 05:53
一歳の下の子が夜中寝ている時にいきなり嘔吐しました。
今まで子供の胃腸炎の経験は何度かあったので対応は慣れてるものの、これから洗濯や家族に感染していくことを考えると気が重い、、、

私は添い寝していたので一階に連れて行き、まだ起きていた夫にシャワーを頼み、シーツをはがしに行きました。この後も何度か嘔吐することを見込み、新しいシーツの上に防水シーツをひきました。
それから子供を風呂場からピックアップし、ふいて、シーツの洗濯などを夫に任せて、再び寝室で寝かしつけをすると、すんなり眠りにつきました。
ここまでギャン泣きせずにスムーズに進んだので良かったです。
ギャン泣きの中、嘔吐物の処理はとても疲労困憊します。

その後は一度嘔吐し、またまたシャワーして防水シーツのみ新しいものに取り替えて再び就寝。

そして次の朝、普通にお茶を普通にあげてみました。
すると、またまた嘔吐。
本来なら嘔吐の後は、ほんとうは経口補水液などをひと匙ずつ数分おきにあげないといけないのです。
子供の胃はまだ小さいので、嘔吐後の空っぽの胃に水分がいきなり沢山入るとまたまた嘔吐してしまう、と以前小児科の先生に聞きました。

経口補水液はこういう時のために普段から常備してるのですが、息子はあまり好きでないでらしくあまり飲んでくれません。
けれども脱水状態になったらかわいそうなのでごまかしごまかしちょっとずつ経口補水液をあげてしのぎました。

そしてその後小児科受診をし、今後整腸剤と下痢嘔吐が三日間止まらなかった場合にのみ飲む抗生物質をもらってきました。

1

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる