カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 2人目の帝王切開と写真撮影のススメ
出産

[39w]2人目の帝王切開と写真撮影のススメ [妊娠・出産の体験談]

1119人に読まれました
2015-05-18 02:05
無事に産まれた瞬間、恐怖は吹っ飛びました。
  • 手術開始~出産 

    一人目の帝王切開のときは、看護士さんが不安をなくすように頻繁に話しかけてくれたり手を握っていてくれたのですが、今回2人目のときは、看護士さんもそこまで話しかけたり安心させてくれるような感じありませんでした。

    私は思わず自分から「怖いので手を繋いでください」と言って、私は怖いんだというアピールをしてしまいました。
    看護士さんに「やだぁ、かわいい!」と言われ、なんだか恥ずかしかったですが、手を握っててもらえると本当に安心できるのです。

    でもやっぱり前回よりも怖くて感覚を研ぎ澄ませてしまっていたので、お腹を切り開いて、グイグイとひっぱられている感じとかがすごくよく分かって、痛みはないけど凄く気持ち悪く、「うっ」と思わずうなってしまうような感じでした。
    でも、赤ちゃんを押し出すときはそこまで苦しくはなかったです。

    無事に赤ちゃんを取り出してもらって、一人目の時に出来なかった「一緒に写真を撮る」という希望をかなえてもらいました。

    帝王切開だと、赤ちゃんは一目見るだけで連れて行かれてしまい、お母さんがお腹を縫ってる間に、パパや祖父母のもとに連れて行かれ、私よりも皆が最初に抱っこする、ということになってしまい寂しいので、写真だけは私が最初に撮りたかったのです。
    この写真は本当に貴重だなあと思うし、宝物になりました。

    やっぱり、赤ちゃんがいざ出てくると、「無事に出てきてよかった!」という気持ちで満たされて、恐怖心が和らぎました。
    そのおかげで、お腹を縫ってる間は、「もう終わったんだ」という気分で、とてもリラックスしていられました。
    先生たちがもう私のことなんかそっちのけで世間話に花を咲かせながら縫合していたこともありますが。

みんなへメッセージやアドバイス

帝王切開でも、毎回同じ出産ということはないんだなぁと実感しました。

写真撮影は本当にして良かったので、これから帝王切開で出産される方は是非手術室で撮影できるかどうか聞いてみるのが良いと思います。
1

妊娠39w前後の体験談

上へもどる