カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 切迫早流産のママが体験した初めての妊娠出産① ~妊娠が判明するまで~
妊娠初期(2~4ヵ月)

[6w]切迫早流産のママが体験した初めての妊娠出産① ~妊娠が判明するまで~ [妊娠・出産の体験談]

3306人に読まれました
2015-09-20 19:19
 一人目の妊娠が分かったのが、妊娠6週でした。とてもありがたいことでしたが、私の中では予想外の妊娠でした。

というのも、夫と付き合い始めて、3ヶ月で結婚を決めて、交際期間1年程で、結婚式を挙げました。
付き合っていた期間が短かったので、私としては、1年はくらいは2人だけのラブラブな生活(古い?)を思う存分楽しみたいな~と、思っていました。


『私の思い込みでなかなか気付けなかった妊娠』


 婚姻届は、式を挙げる3ヶ月前に提出していたので、世間的に私たちは「夫婦」でした。

新居に引っ越したのは1月末。結婚式は3月でしたが、私の両親の『結婚式までは娘でいてほしい』という気持ちを感じていたので、私は新居と実家を行ったり来たりしていました。

新居に越してから、夫が『結婚したんだからOKだよね(避妊なしで)。』的なことを言ってました。

もちろん、避妊しなければ妊娠することは、私も知っています。でも「自分が妊娠する」という考えが、何故かそのときはありませんでした。本当に浅はかで、未熟にも程があります。

でもそれにはワケがありました。

というのも、私の母が不妊で悩んでいたと、聞いていたからです。
そして、私自身は生理不順でとても悩んでいました。
そんな私の勝手な「自分の体と母の娘」という思い込みで、「妊娠はしにくいだろうと」と答えを出していたのでした。

 そんな生理不順に悩んでいた私は、式を挙げる前に、人生初、二回立て続けに生理がきたのです。
突然2回も生理が来たことは、奇跡だと思いました。

「結婚」という幸福感を持ったことが、良かったのかなとその時は思ったのです。
しかし、長年「自分は妊娠しにくい」、という思い込みをしていた私は、何も考えず夫を受け入れていたのでした。

 結婚式が終わり、新婚旅行へ行き、そして、新婚生活が始まって二週間くらい経った頃でした。

何となく胃の調子が悪いのです。普通なら、胃薬を2,3日くらい飲んでいれば、気持ちの悪さも良くなるのですが、、一向になくなりません。
それどころか吐き気がどんどんひどくなっていきました。

初めは、仕事も忙しい、結婚式の準備や新婚旅行の疲れがたまったからだと、思っていました。でもその気持ちの悪さで、最終的に会社もいけなくなるほどでした。

あまりにひどいので、内科で吐き気止めの注射をしたり、薬を飲んだり。その時の先生には「妊娠の可能性は?」と聞かれていたのですが、私の頭に中には「妊娠」という二文字は全くなかったので、真っ向から否定したのです。

本当に、おバカでした。今だったら絶対こんなことは、言いません。

でも、注射をして気持ちの悪さが治まっていたのは、数時間でした。
そんな時です。

夫から「妊娠でもしたんじゃない?」と。

まさかとは、思ったのですが、ようやくそこで私は気づいたのでした。

検査薬を買ってきてもらいましたが、あまりの衝撃的な夫の言葉に、すぐには検査をする気にはなれませんでした。
そして意を決して検査をすることにしたのです。ドキドキしながらそのときを待ちました。
すぐに、うっすら陽性反応が出たのでした。

 目を疑いました。

すぐに、仕事中の夫に電話。病院に行っておいでと言われ、結果妊娠六週と判明したのです。


『一体どうなるの?不安で始まった妊娠。』


正直戸惑いました。

「私が母親になる?!」

「マジで!?」

結婚しました。子供も欲しかった。でも、あまりに突然のことで不安な気持ちのほうが大きかったのが、本当の気持ちでした。

でも救われたのは、夫に電話で報告した時でした。

「おめでとう(^^)!」

と言ってくれたのです。
その言葉がなかったら、私は不安に押しつぶされて、このあとに待っている、辛い妊娠生活を乗り越えていなかったでしょう。 

みんなへメッセージやアドバイス

夫には心当たりがあったんですよね~。だから私の体調の悪さもいち早く気づいてくれたんですね。
私の「妊娠しにくい」という思い込みで、なかなか妊娠に気づけませんでしたが、でも、戸惑いはすぐに幸せに変わりました。
0

妊娠6w前後の体験談

妊娠初期(2~4ヵ月)の人気体験談ランキング

上へもどる