カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. うんち・おしっこ >
  4. 便秘で苦しんでいた赤ちゃんの対処法
うんち・おしっこ

[0歳0ヶ月]便秘で苦しんでいた赤ちゃんの対処法 [育児の体験談]

677人に読まれました
2015-09-21 00:38
超低体重児で生まれてから5ヶ月して、長女は無事に退院しました。
初めての子育ては手探り状態でした。

母乳は長女が足りる分だけ出ていましたが、やはり栄養バランス等を考え、粉ミルクものむように指示されていました。

そして1つの悩みがありました。長女は自力でウンチをすることができませんでした。
いきんではいるのですが、やはり小さく生まれたからか力が弱くて、出せないのでした。

入院中からあったことでしたので、看護師さんに教えてもらいながら、ウンチを出していました。
そのやり方が、赤ちゃん用の綿棒でお尻の穴をコショコショすることでした。

綿棒の先にオリーブオイルを付けて、そしてお尻をコショコショ。
すると、お尻はそれに刺激されて、ムズムズしてくるのです。するとオイルの滑りと少しのいきみで、出てくるようでした。

初めは恐る恐るやっていましたね~

こんな綿棒入れていいの?

赤ちゃんは痛くないの?

でもやるうちに、段々と慣れてきて手際も良くなりました。ただ、わたしがコショコショしても、長女はウンチをなかなか出せませんでした。

ところが、夫がやると気持ちがいいくらい、スッキリと出ていました。
長女もお腹の苦しさから解放されるんでしょうね。

その後のおっぱいの飲み方が違いました!

力の弱かった娘の便秘を解消する仕事は、夫となりました。
傍から見てると、力も強くやっているように感じますが、実はそんなことはなく、私よりとてもうまかったんです。

そのあとも、次女や長男の時に、便秘で出ないときは、夫がコショコショして出してくれてました。

意外な特技を発見しました(^^)

みんなへメッセージやアドバイス

月日が経つにつれて、体も大きくなっていた長女は、いつの間にかコショコショせずともできるようになりました。
これも1つの嬉しい出来事でした。
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる