カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 夜間休日病院には要注意!!
病気と症状

[3歳]夜間休日病院には要注意!! [育児の体験談]

1052人に読まれました
2015-09-21 14:36
子供が2,3歳くらいまでは(特に長女については)、熱があると休日病院に行ったりすることもありました。
長女が土曜日の午後から、高熱を出したので、翌日の休日診療所に連れて行きました。

折しも、2月。
インフルエンザが大流行していた時のことでした。
長女はただの風邪で済みましたが、とにかく病院の混み方は尋常ではありませんでした。
薬をもらうためだけで、30分以上は待ったと思います。

体調の悪い人の中で、子供を待たせることはできません。夫も一緒に来ていたので、車で待ってもらいまいした。

私自身は、土曜からの長女の看病で、疲れていました。
インフルエンザが流行っていたのは、わかっていたので、もちろんマスクは付けていました。
でも、疲れて免疫力が落ちていた私は、その二日後、体調を崩したのです。

でも長女も具合が悪い、そしてまだ次女は、生まれて3ヶ月くらいです。
二人を置いて病院にも行けません。

寝ているしかありませんでした。でも、子供も体調が悪いのでグズグズ。次女はお腹がすけば泣いて、おっぱいを欲しがります。
二日くらいは過ごしていましたが、私の体調は回復に向かわないので、仕事中の夫に「病院に行きたいからなんとか都合をつけてもらえないか」と頼んだのでした。

インフルエンザの検査をすると、陽性・・・(><;)でも、発症してから48時間以上経っていたのです。

先生からは「時間が経ってるけど薬はどうしますか?飲めば早くは治ると思いますが、母乳は飲ませられないですよ。」と言われたのです。

究極の選択でした。

そして早く治すことが先だと、判断し母乳を諦めたのです。

その頃次女には、たまに粉ミルクも飲ませようと、練習をしていました。それは、わたしが出かけられなくなるからです。

でも、次女は哺乳瓶をくわえてくれませんでした。

おっぱいに近い「母乳相談室」という哺乳瓶があったので、それを使うと飲むことは飲むのですが、すぐにやめてしまうのです。
そんな時期に、わたしがインフルエンザになり、困ったことになりました。

タミフルを飲んでしまった私は、母乳をあげられません。でもお腹がすくので泣いている次女。
本当にごめんね、と思いました。

夫からは、仕方がないよ、お腹が空いてどうにもならなくなれば、ミルクも飲むでしょ、と。

それはそうですよね。でも、泣いている次女を近くで見ているわたしは、胸が痛くて仕方ありませんでした。

でも、やはり空腹には勝てません。次女は哺乳瓶のミルクを飲み始めたのでした。

それからです。
休日病院は色んな患者さんが来るので、できるだけ避けることにしました。子供の様子を注意して見ながら、休み明けに、通い慣れた病院に行くことにしたのです。

みんなへメッセージやアドバイス

めったやたらと、休日病院に行くと、お母さんである私まで、病気をもらってくるので、気をつけようと思いました。

でも、夜間や休日に対応した病院がないのは困りもの。あるということだけでも、安心できますよね。
1

妊娠3歳前後の体験談

病気と症状の人気体験談ランキング

上へもどる