カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. アーモンド事件
事故予防・安全

[0歳5ヶ月]アーモンド事件 [育児の体験談]

315人に読まれました
2015-09-21 14:52
三人も子供がいると様々事件が起きますよね。

我が家の「アーモンド事件」は何もなかったので、今は笑い話になりますが、一歩間違えていたら病院送りでした。

一番下の長男が5ヶ月くらいの時でした。まだ離乳食も始めていない時のことです。

長男をバウンザーに座らせていました。とてもお気に入りで、少し体を動かすとビヨーンとはねるのが楽しかったようです。

ある日、次女がおやつにアーモンドを食べていました。

私は上の二人はおやつも食べているし、落ち着いていたので、家にことをしていました。

それから2日後くらいのことでした。
長男がウンチをしたのでオムツの交換をしようと外した時でした。

まだおっぱいしか飲んでいないのに、何かの塊がウンチに混ざっていました。
一瞬、パニックになりましたが、見たことがあるのです。けれど、それが何のかが思い出せず・・・。

そして、恐る恐るそれを触ってみました。もちろん、直ではないですよ。

・・・固い!

ようやくそれが何日か前に出したおやつのアーモンドであることを思い出したのです。
長男がじぶんで口に入れるようなものではありません。
犯人はすぐに分かり、次女に話を聞いてみると「長男に食べさせた。」と言うのでした。

「まだ歯もないからこんな固いものは食べられないんだよ。お母さんに聞いてからあげてね。」というと、次女も納得し、その後そういったことはありませんでした。

みんなへメッセージやアドバイス

この話にはまだ続きがあります。

アーモンドが混ざったウンチはまた二日後に3つ、そしてまた1つと、計5つ長男のお腹に収まっていました。

丸のまんまのアーモンドを飲み込み、、窒息しなかったのが、嘘のようです。
次女としては、食べたそうにしていた長男に、あげたのでしょう。子供は何をするかわからない、と気を付けて見てないといけない、と思った出来事でした。
0

事故予防・安全の関連カテゴリ

上へもどる