カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. ご飯をしっかり食べない娘…ストレスがたまる毎日を解消するために
幼児食

[1歳10ヶ月]ご飯をしっかり食べない娘…ストレスがたまる毎日を解消するために [育児の体験談]

893人に読まれました
2016-08-25 16:54
娘が2歳間近となり、家族みんなが同じメニューを食卓に並べられる日が増えてきました。

といっても、最近はあくまで、並べる”だけ”ですが…

実は夏に入ってから、娘が途端に食事をとらないようになってしまったからです。

それ以前はというと、離乳食開始時から完了になる頃まで、こちらがストレスに感じるほど食べない…というわけではなかったんです。
「今日はあんまり食べないなあ」という日が週に2、3回あったくらい。

それが、歯も生えそろって食べられるものが増えてきたはずなのに、この6月から7月にかけて、この子ったら枝豆かゼリーしか食べません。

しかも枝豆も一日に数粒、ゼリーは小さな子どもの手のひらに乗るサイズのもの2個だけ、なんて有様。

数日だけならわかりますが、1週間もそんな感じだとさすがに心配になって、色々と作戦をたてました。

一つ目はメニューの工夫。
好きなキャラクターのお皿を用意して、更に好物を並べて、オムライスにアンパ●マン描いたりワ●ワン描いたり…

いっただっきまーす!
ーーー絵のケチャップだけ舐めて終了ー!

お次はオニギリ1個作戦。
あんまりお皿に並べすぎると、逆効果かと思い、お皿にコロッとおにぎりひとつ。(おかわりは台所で待機)

いっただっきまーす!
ーーー「おににり、いらん」の一言で終了ー!


さすがに、くじけました…
好きだったお料理も楽しくなくなっちゃって、正直ストレスたまりました。

今日こそは!と意気込んだ食事をちーーっとも口にせず、挙句、食器ひっくり返された時はつい「のああー!」と大声出してしまいました…

こちらも楽しそうに食べたり、幼児食の本読んだりと色々試しましたが、努力が足りなかったのか娘には通じず。

でもね、見た目はものすごく元気なんですよ。
遊ぶし、寝るし、しゃべるんです。ただ食べないだけで。

でもこのままじゃ私が元気じゃなくなる…
ということで小児科に相談したところ、

「なーーんにも口にしないんじゃないなら、大丈夫ですよ。でも水分はちゃんととらせてね。」

と言われ、驚くほど心がスッキリしました。
自分が間違えていたわけではないということと、他にもそんな人が大勢いるんだということが分ったんです。

後の話になりますが、秋になる頃、娘の食欲はみるみる回復しました。
振り返ると、あれは夏バテだったのか?という結論にいたっています。

みんなへメッセージやアドバイス

私の場合は、
「せっかく作ったのに、なんで食べてくれないんだろう?」
「味が悪いのか?私の料理がまずいのか?」
などの思いが積もり積もって、ストレスになってしまいました。

子どもが食べないのって、心配で、不安ですよね。
でも、小児科の先生に聞くと、よくあることみたいです。
自分が思いつくことを試しても全部ダメだったら、自分を責める前に、気軽に小児科を訪ねるのも、オススメですよ。
1

1歳10ヶ月前後の体験談

上へもどる