カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 成長に伴って授乳は減るものだと思ってました。
授乳

[1歳1ヶ月]成長に伴って授乳は減るものだと思ってました。 [育児の体験談]

367人に読まれました
2015-09-23 01:34
産後の入院期間を除いて、ほぼ母乳で育ててきた息子。
初めは母乳の分泌がいまいちだった私も、いつしかじゃんじゃん出るようになり
順調な授乳生活を送っていました。

産後3ヶ月くらいは、あまりの授乳の量に息子が一気に大きくなってかなり
驚いて回数などを制限しようかと思いましたが、成長曲線的にも問題ない範囲ですと言われたのでとりあえず飲みたいだけ飲ませるスタイルでいこうと思いその後もいつでもどこでもあげていました。
その時は、月齢を重ねれば授乳回数も減ってくるだろうと思っていて、断乳や卒乳に関しては
あまり考えてはいませんでした。

生後10ヶ月、11ヶ月あたりからかなり動けるようになってきたのと
色々な興味が湧き始めたのか日中の授乳回数がかなり減ってきました。
マグなどで水分はとれていたので大丈夫だろうと思いこのまま徐々に終わったりして…なんて勝手に思ってました。
ま、夜間は2〜3時間おきにしていたのですが。

そんなのんきな感じで好きなだけあげながら生活をして1歳1ヶ月をむかえたあたりで
息子は豹変しました。

まずは日中今までやらなかった「服をめくってくる」ということをするようになり
おっぱいがほしいアピール方法が変わってきました。
さらにはなぜか1時間毎に欲しがったり、あげてもちょこっと遊びのみで終わったり…。
明らかに何かが変わってきていることがわかりました。
気がつけば新生児なみの回数…。量はそんなに飲んでないですが…。
乳首のトラブルがなかったことが救いでした。

知り合いの方には、すごく体も心も成長をする時期で不安な部分をおっぱいで埋めてるんだよと言われたので、なるほどそうかと思ったのですが、しかしながらちょっと飲みすぎ。
もともと小食なというかほとんど食事をしないタイプで、一向に食べることが進まなかったのですがここへきてさらに頓挫。
体重もあまり増えない。

活発に動けるようになってきたのに、これは色々いけないなぁと思いつつ徐々に
断乳について考えるようになりました。


1

上へもどる