カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 赤ちゃんとの入浴の工夫
お風呂・スキンケア

[0歳0ヶ月]赤ちゃんとの入浴の工夫 [育児の体験談]

6161人に読まれました
2015-05-18 12:45
上の子もいると、赤ちゃんと一緒に入ることは難しかったです。
  • スイマーバの活躍

    上の子と下の子の年の差はちょうど3歳で、下の子が生まれたときには上の子はまだまだ手がかかったので、お風呂などもどうしようかとても悩みました。

    まだ下の子が首が座らないうちは、先に下の子だけお風呂に入れて、私と上の子がお風呂に入っている間は、浴室のすぐ前にバウンサーを置き、声をかけながら入っていました。
    割りとそれで機嫌よく過ごしていてくれたのですが、3ヶ月くらいになって、そろそろ皆一緒にお風呂に入ってみようと思ったときに、上の子や自分を洗うときに、どうやって下の子を浴室内に置いておくか?ということが問題となりました。

    狭い浴室なので、赤ちゃんが座れるような浴室用のイスも置けなかったので、始めは絶対にオススメできるようなことではないですが、浴槽のフタの上にスポンジで出来たマットを置いて、その上に寝かしておいたりしました。

    でも動きも激しくなってきて、それではだんだん怖いなぁと思っていたとき、ネットで話題となっていた「スイマーバ」を試してみることにしました。
    スイマーバとは、赤ちゃんの首につける浮き輪のことで、これをつけてお風呂に浮かせておけるという便利グッズです。

    これだとまぁ最初の10分くらいは機嫌よく泳いでくれたので助かりました。

    しかし、どうしても浮き輪がズレてきて、隙間から水が顔に入ってきてしまうのが怖くて、目は一瞬たりとも離せないような感じでした。

    なのでずっと浮かせていないように、はじめ私が洗うときだけ浮き輪で浮いててもらい、その後上の子を洗うときはお風呂のふたの上にバンボを置いて下の子を座らせたりとか、マットに寝かしておいたりとか、ずっと同じ状態でいさせないようにしながら入浴していました。

みんなへメッセージやアドバイス

お風呂のフタに赤ちゃんを置くなどというのは、絶対危険なのでやらないで下さいという注意喚起がどこでもなされていると思いますが、実際日本の狭い浴室ではそうせざるを得ない状況の方もたくさんいらっしゃると思います。
常に目を離さないことは大前提ですが、床に落ちて怪我をするようなことが絶対にないような配慮をしたり、赤ちゃんの動きなどを考え、常にどういった危険があるかを考えてください。
0

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる