カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 次女:10ヵ月健診と成長
成長の目安

[0歳10ヶ月]次女:10ヵ月健診と成長 [育児の体験談]

334人に読まれました
2015-09-24 16:09
破水から3時間で生まれた我が家の次女。
3202gで誕生して、10ヵ月で7670gまで体重が増えていました。
完全母乳育児でした。
離乳食もバクバク食べてくれて、あだ名は爆食い次女でした。笑
絶対8キロ超えてる!と思っていたため、ちょっと残念ではありましたが順調だと言ってもらえてとても安心しました。

長女の時に比べて気持ちにゆとりを持って育児をすることができていたように思います。
離乳食も長女のときは毎日毎食必死で「なんで食べないの?どうしたら食べてくれる?」と焦りや不安苛立ちがありましたが、次女のときは育児本を読むことを辞めて離乳食も力を入れすぎずにすすめていました。

順調に育ってくれていますが、6カ月の時に卵アレルギーが判明して
卵を使わない除去食を作って食べさせていました。
ハンバーグもコロッケも卵がないと作れない、、、と思っていましたが
卵がなくても作れるんだ!と試行錯誤しながらのご飯作りでした。
健診では身体測定の他に、発達のチェックがありました。
テストだよ!と力の入ったものではなくて、遊びながらお話をしながらさりげなく発達を見るような印象を受けました。
ハイハイやつかまり立ち、おもちゃを持ち変えることが出来るかなどがありました。

そして、アレルギーの他に気になっている事がり、相談をしました。
それは斜視です。
常に視点が合っていないというわけではなくて、ぼーっとした時や眠いときなどに片方の黒目が少し外にズレる状態が続いていました。

まだ月齢も低いから筋肉の発達と共になくなることが多いから様子を見ましょうと言われました。
もし、外斜視なら3歳児検診で引っかかるはずだからそれまで様子を見てみようと言うことになりました。
ですが一応、眼科で検査だけ受けてみてほしいとのことでお手紙も書いて頂いて帰宅しました。




1

上へもどる