カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 歯の悩み >
  4. 歯みがきの悩み
歯の悩み

[0歳5ヶ月]歯みがきの悩み [育児の体験談]

2185人に読まれました
2015-05-19 12:43
毎日ハミガキタイムが憂鬱でした
  • 何をどうしても無理

    我が家の上の子は、かなり手のかかる赤ちゃんだったのですが、歯みがきの時間は特に憂鬱な時間でした。
    よりによって、わずか5ヶ月ですでに歯が生え始めてしまったので、早い時期から歯みがきをしてきました。
    最初は慣らすために、赤ちゃんが自分でガジガジ噛むものを買って、歯ブラシを口に入れる練習をしました。
    まぁ赤ちゃんなんてなんでも口に入れたがる生き物なので、その頃は喜んでガジガジやっていたわけです。

    しかし、こちらが磨こうとするととにかく嫌がる!暴れる、じっとしてない、磨かせてくれない!
    最初の頃は、毎日くすぐって、ゲラゲラ笑っているところを狙って磨く、という大変疲れる技を使ってどうにか磨いていました。

    その後も、なかなか磨かせてくれないために、本当にたくさんの歯ブラシを試してきました。
    マウスピースのような形をしているもので、噛めば歯みがきが出来るというものや、電動歯ブラシだったら面白がるかな?と思いそれを買ってみたり、指サックのようなものにビニールのブラシがついていて、それを指にはめて歯を磨くというもの。(これは思いっきり噛まれて普通に激痛で、最悪でした…)
    色々試しましたが結果は同じで、とにかく私に歯ブラシを口につっ込まれるのがイヤだという感じでした。

    歌を歌ったり、ハイテンションで挑んでみたり、リラックスさせようとしてみたり、褒めたり怒ってみたり、何をどうしたって素直にはやらせてくれない子供。

    結局のところ「虫歯になるよりマシ」と、毎日馬乗りの羽交い締めで磨き上げていたのでした。
    泣こうがわめこうが、毎日私がマウントポジションをとって暴れる子供を押さえつけ磨いてきたので、ほんっとにこの歯みがきの時間というものが苦痛でした(きっと子供も)

    でもこの地獄の歯みがきの光景は、子供が2歳をすぎたあたりから徐々になくなってきたのです。
    本当に、何がきっかけかもわからず、普通にだんだん口を開けてくれるようになりました。

    育児って、積み重ねが報われることもあるし、ある日急にストンとものすごい大変だったことが終わりを告げることもあるし、本当に先が読めない!とつくづく思います。

みんなへメッセージやアドバイス

どんな大変なことも、過ぎ去ってみると、いつの間にかなくなっていた、ってことばかりです。
今大変なお母さんも、その日を信じて、今を頑張って下さい!
1

上へもどる