カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 食べつわりだったのに、吐きつわりとにおいつわりまで・・・
妊娠初期(2~4ヵ月)

[7w]食べつわりだったのに、吐きつわりとにおいつわりまで・・・ [妊娠・出産の体験談]

13579人に読まれました
2016-08-03 16:42
私は5週目のころから、食べつわりの症状が出始めました。

食べつわりに慣れるまで2週間ほどかかり、やっとの思いでうまく付き合えるようになってきた7週目。

そこでまた新たな体の変化が。。。
  • 吐きつわりと匂いつわり開始

    今まで食の好みの変化はなかったのに、大好きだった卵料理、お肉料理、甘味が食べられなくなってしまいました。
    体が一切受け付けなくなってしまったんです。

    それだけではなく、日に日に食べられないものが増えていき、偏ったものしか食べられなくなり毎日貧血でふらふら・・・。

    また、においにも敏感になってさらに食べれるものも減りました。
    洗濯の柔軟剤の臭いもだめ、ワックスの臭いもだめ、香水のにおいもだめ、人の臭いも敏感に・・・。

    一日寝込む日も多くなりました。
  • 吐きつわりと匂いつわり対策

    そこで私にとっての救いは、フルーツでした。
    唯一何の心配もなく食べられたのが、フルーツ。
    とくに食べやすかったのが柑橘系です。
    さっぱりとして、気分もよくなりました。

    固形物を食べるのもつらいときは、100%ジュースを良く飲みました。

    フルーツにはビタミンが多く含まれているため、妊婦さんの味方です!

    ご飯を食べられない日はフルーツを食べ、調子のいい日は栄養価の高いものを食べ、貧血もだいぶ良くなってきました。


    まだまだつわりが続いていますが、フルーツパワーで乗り切ろうと思います!

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠初期はまだ赤ちゃんが小さく、必要な栄養も少ないため、食べられるものがあればそれを食べましょう♪
4

妊娠7w前後の体験談

上へもどる