カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 妊婦検診ってなにをするの?教えます。
産婦人科・産院

[6w]妊婦検診ってなにをするの?教えます。 [妊娠・出産の体験談]

1792人に読まれました
2015-09-28 10:46

妊娠したかも・・・。そう思って大体の人がするのは薬局の妊娠検査薬での検査ですよね。
あれは病院でもかなり信頼を置いているようで、初診の際の問診票に「市販の検査薬を使ったか、その結果は?」という項目があり、「使って、陽性だった」と書くとお医者様の診察でもすぐに「検査薬が陽性なので、おそらくそうでしょう」という切り口から始まるくらいです。

そして、診察ではすぐに内診台に乗ることになります。私の通っていた産院ではマッサージ機のような大ぶりの椅子に、下半身をすべて裸にした状態で座るように指示されます。
ストッキングやタイツなどを履いている場合は脱いで、終わったらまた履いてまたお医者様の話を聞かないといけないので、できればスカートに靴下や、夏ならレギンスやズボンに裸足、など、脱ぎ着しやすい恰好がいいと思います。

内診台に座ると、台が90度回転し、そちらにあるカーテンで下半身が隠れるようになります。そして少し上に上がり、今度は上斜め方向に背もたれが倒れます。最後に足を乗せている台が左右に割れ、足を開く形になります。

カーテンの向こうのお医者様と看護師さん(助産師さんなのかも?)には下半身が丸見えなのでとても恥ずかしいのですが、これから出産まで10回以上は同じ体験をしなければいけないと思うと、慣れるしかないのかなと諦めにも似た気持ちになります。

内診自体は、お医者様が手袋をはめた手で10秒ほど指を入れ、産道の状態や子宮の固さなどを調べ、その後にカメラを入れて子宮内部をモニターします。
このモニターは、お医者様の見ているものと同じものがカーテンのこちら側にもあるので、まだ小さな丸でしかないわが子を、6週くらいから自分で目視できます。

内診が終わると椅子が降りるのでまた服を着、診察室に戻ってお医者様の話を聞きます。
お話の内容はだいたい、(初診なら)「妊娠しているかどうか」「今何週で、予定日はいつか」「体重の管理などについて」などがあります。

また、週数が進んでくると、内診の後にお腹にエコーを当てての検査もあり、より鮮明に映像を見られたり、胎児の体重や脳の大きさなどの発達具合も見られます。
検診は、週数によって間隔も内容も違いますので、しっかり説明をしてくれる所、スケジュールなどを渡してくれる所などを調べて選ぶと、安心だと思います。

2

妊娠6w前後の体験談

上へもどる