カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 離乳食は大戦争。毎日3回、大忙し!
離乳食

[1歳0ヶ月]離乳食は大戦争。毎日3回、大忙し! [育児の体験談]

556人に読まれました
2016-08-29 14:27
毎日毎回憂鬱になる離乳食。最初のころのあの楽しげな離乳食はいずこへ・・・
自分で食べられるように・・・と思えば思うほど、被害は甚大に・・・
  • 食事より器

    息子は器が大好き。タッパー、ペットボトル、瓶、キャップ・・・何かが入りそうなものは何でもおもちゃにしたがります。
    お皿やお茶碗も例外ではなく、食事のときはよほどお腹がすいていなければ、まずは中身そっちのけで器に手を伸ばします。
    それを阻止することろから始まり、とにかく食べ物を口に運びます。手づかみ食べができるものがあれば、口にくわえさせ手が行くように仕向けます。

    手づかみ食べができるものがキレイに食せるのは1/3くらいのもので、あとは無残に床に散るかテーブルになすりつけられ、カオスな展開へ・・・。

    お茶も、のどが渇いているとき以外は一度含んで噴水のように吐きだし、水遊び状態。
    食事毎の着替えは必須です。

    だからと言って、私が全部口に運んであげるわけにはいかず。
    イライラ、ウズウズしますが、テーブルも床も本人もグチャグチャになっている状態を耐え続けます。まだ気温が高いので良いのですが、これから寒い時期になるので風邪をひかないかが心配です。
  • スプーンやホークを使いたい

    最近はスプーンやホークで食べる練習を始めています。
    ここ数日、耐え抜いた甲斐もありベビーヨーグルトをスプーンにすくって食べることができるようになりました。きっちりきれいに、とは言えませんがなかなか形になってきています。

    最初はこれも、スプーンを振り回して遊んでいるように見えたのですが、気まぐれでなくちゃんと狙って入れ物に入れようとしていたのだなぁと今になってしみじみ。
    なかなか、入れ物の中に狙ってスプーンを入れるのが難しいようです。

    こんなことができるようになったせいか、いろんなものを器の中に入れたがるようになりました。
    例えばスープ皿に、ジュースの容器を入れたがったり、食べこぼしたパンを拾ってお皿に乗せたり。

    確かな成長を感じることができるようになってきました。
    それでも、毎回ひどい散らかりように、気がめいることも・・・。
    親の都合で食べ方を強制してはいけない・・・そう言い聞かせて挑む毎日です。
1

上へもどる