カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 恐怖の乳腺炎!予防するには?対処方法は?
授乳

[0歳2ヶ月]恐怖の乳腺炎!予防するには?対処方法は? [育児の体験談]

2329人に読まれました
2015-09-29 16:52
母乳育児をしている人はみんな恐れているであろう乳腺炎。
おっぱいの痛み、発熱、だるさ、それでもしなければならない授乳。しんど過ぎます。

私は子供が2〜3か月の頃、数回かかりとっても辛い思いをしました。
その時の経験から、私なりの予防法&対処法について書きたいと思います。

まず、乳腺炎になる原因は人それぞれだと思います。
一般的にいわれている原因をいくつか挙げてみます。
一つ目は食事内容。
脂肪分が多く、カロリー高いものの摂りすぎなど。
二つ目は疲労。
産後はどうしても疲労が溜まりますね。
三つ目はストレス。
これも産後は仕方のないことなんですが…。

乳腺炎になった時、私は近に母乳育児教室(個人の家でおっぱいのマッサージをしてくれます)があったのでそちらに通って治しました。(1回に4,000円弱かかりましたが…)
後は、とにかく冷やす!
小さな保冷剤をハンカチで包んでひたすら冷やす。これでシコリの痛みは大分楽になります。


母乳育児教室では、食事内容が原因だと言われたので、最初は凄く食事内容に気を使いました。
お肉類はなるべく避けて、お魚、野菜中心にして過ごしました。
間食も和菓子とか、蒸したサツマイモなどヘルシーなものにしてみました。
そして授乳も頻回授乳を心がけ、1日10〜12回はあげました。

しかし、それでも乳腺炎を繰り返しました。
体重も3キロ程落ちてしまい、体はフラフラに…。
食べることが大好きな私にはとってもストレスな食事管理。どうにかならないものか…。

そこで乳腺炎になる前の状況を考えてみると、
外出して疲れている時orストレスが溜まっている時になると気がつきました。

それからは、食事は元に戻して好きなものを食べるようにし、疲れてきたかも?と感じたらなるべく無理せずに子供と一緒に昼寝をするなど、体を休めるようにしました。

すると、それ以降乳腺炎にはかからなくなりました!
私にとっての乳腺炎予防法は、
ストレスを溜めない
疲れを溜めない
この二つだったみたいです。



みんなへメッセージやアドバイス

私は1歳3か月の断乳まで、とても楽しい授乳期間を過ごす事ができました^ ^
どなたかの参考になれば嬉しいです。
1

上へもどる