カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 戦う1歳の離乳食。便秘解消…そして、食事に目覚めた日
離乳食

[1歳3ヶ月]戦う1歳の離乳食。便秘解消…そして、食事に目覚めた日 [育児の体験談]

550人に読まれました
2016-08-26 17:26
1歳過ぎても、お食事にあまり興味なし。
3回を用意しても、ほとんど食べず母乳はグビグビだった息子。

離乳食開始の5ヶ月半あたりからずーっと食事は悩みでそれでかなり落ち込んでイライラしていた生活でした。
一時期は必要ないのでは?と離乳食をやめてみたりするほど。
しかしながら、とりあえずパンを少しやバナナなど気が向けばちょびっとだけ食べる生活にレベルアップしたので、細々食べながら「どうにかなるだろう」と半ば諦めて生活していました。

そんな中、1歳3ヶ月の頃にわりと重く風邪をひきました。
母である私にもうつり、親子でダウン…。むしろ私の方がひどくなる始末。
息子はほとんど食事をせずに母乳のみで過ごしていましたが、気がつけば1週間も便が出ていませんでした。

これまで4日ほどの便秘はあったものの、ここまで長かったのも初めてで。
ようやく私も動けるようになったのでこれはいかんと思い小児科へ。
ここでまた風邪をもらってはと、午後診察の一番を狙って行きました。

先生に事情を話すと、軽く怒られる私…。
「普通は便は毎日だよ。1週間なんて絶対だめ!食事内容考えて。」
先生の言葉が刺さる。
全然食べないんですなんて言えない。というか病み上がりでそこに食い下がる元気がない私。

とりあえず今日は薬で出すことになり、息子は液体の座薬を注入されました。
泣いて泣いて、かわいそうでしたが薬の効果はすごいもので5分ほどで、便が出てきました。
ほぼ食事をしていなかったのでものすごい量ではなかったものの、その後にお腹をさわるとかなり柔らかくなっていました。

こんな状態にしてごめんねと、深く反省。
すっきりしたのか自宅に戻ってからは、病院とはうってかわって上機嫌な息子。

今日は夕食少し頑張ろうと、先生からの指導をもとにお豆のスープなど今まで食べなかったものなども用意してみました。
いつもどおり、べーっと出されたり泣いたりするかな…とどきどきしてあげてみたところ。

もぐもぐと食べだした息子。
かなり積極的になっており、飽きずに食べ続けている!
今まで、いろいろ工夫して何を用意しても食べなかったのに…。
すごい変化に驚きすぎて涙が出そうでしたが、とにかくこらえて褒めて褒めて食べさせました。

その日を皮切りに息子の食生活は一変。
もりもりとお米を食べ、お味噌汁をぐいぐい飲み。
好きなものはもっとと催促するまでに。
規則的に食べるので、便も1〜2日に1回は必ず出るようになりました。

私自身も難しいことは考えずに、シンプルで栄養のあるものを簡単に用意しようと
思うようになりました。
基本はお米とお味噌汁(具に野菜もりもり)です。

さらには1歳5ヶ月時には断乳も成功。
その後、食欲はさらに増しています。

何がきっかけになるかはわかりませんが、本当にいつかは食べる日がやってくるんだと実感しました。
今は、あまりにもいろいろ食べたいと催促されるほうに困ってます…。

みんなへメッセージやアドバイス

離乳食を全然食べなくて、ストレスを抱えている方も多いと思います。
でもすべてがお母さんの責任ではなく、本人の性格だったりペースだということもあるので、そのことで自分を責めすぎないでほしいなと、今の私は思います!

そしてうちの息子はドロドロ系が苦手だったので、大人と同じお米を好みました。
お野菜も細かくではなく自分でよく噛めるくらいのものにしたところ、たくさん食べました。
1

上へもどる