カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 妊活にはひとりでどうしようもないことも・・
妊活

妊活にはひとりでどうしようもないことも・・ [妊娠・出産の体験談]

523人に読まれました
2015-09-30 19:36
不妊が気になり病院に通うようになりましたが、私の卵巣は特に問題なし。ということで、ご主人の精子も調べてみましょう。ということでお医者さんにいわれました。
女性の検査は血液検査で注射も何本も打たれるし、結果が出るまでも数日待たされます。調べることがきっとひとつではなく様々あるからだとおもいます。そしてなによりとても高いです。クラミジアから風疹の抗体があるのかまで全て調べてもらったところ3万円の会計には本当に驚きました。
それに比べて男の人の検査というのはごくごく簡単なものです。家でマスターベーションしていった精子を人肌くらいのあたたかさで(タオルで包んだりすると良いといわれました)専用の容器にいれてあとは病院にもっていくだけというものでした。
値段も何千円という低価格でできますし、結果も何時間か待てばできるというものでした。
それでもやはり不妊に対しての男性意識というのは、女性と比べてはかなり低いですね。実際に我が家でも、主人にケースをみせたところ断固拒否でした。
1年前は不妊の病院にいくこと自体を嫌がっていたものの、いまではそこへの理解はしめしています。だけど、仕事のストレスがある上に自分の精子にもし問題があったら人格否定されたようでまだ勇気がでないということでした。
今回またタイミングをとってだめなようだったら、再度主人に話すつもりです。両者に問題がなくてもできないこともあるとよく聞きますが、それでも精液検査を受けてくれたのか、受けてくれないのかは女性側としては気持ちの受け取り方にかなり大きな違いがあるような気がします。

みんなへメッセージやアドバイス

どう声かけしたらいいかな・・と今から悩んでいますが、不妊問題をひとりで抱えていることがとても辛いこと。きちんと正直にはなしてみようとおもっています。
1

上へもどる