カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 私の出産エピソード④産後の話
産後

[40w]私の出産エピソード④産後の話 [妊娠・出産の体験談]

745人に読まれました
2015-09-30 21:10
産後のエピソード。

体を丸める姿勢で足の間に目をやると、娘を取り出す瞬間を見ることが出来た。
その後しばらくして、先生が臍の緒を引っ張ると胎盤がニョロっと出てきた。
なかなかグロテスク。
でもこれが私と娘を繋いでいたと思うと不思議と気持ち悪くはない。
一瞬だけ娘をお腹の上に乗せてもらった。
「やっと会えたね。これから宜しくね。」
母になって初めての言葉。

よく産まれた直後は猿みたいと言うけど、
我が子はビリケンのようだった。
でも可愛い。可愛すぎる。幸福感でイッパイ。

娘は色々な処置をしてもらっている。
家族が保育器の中にいる娘を見ながら話したり写メを撮っている。
私は一瞬しか見せてもらってないのにー!と嫉妬。

出産した病院は危険性が無ければ会陰切開をしない方針なので、
私の陰部は裂けました。ビリリッと感じたのは、たぶん裂けた時の痛み。
真面目にマッサージしておけば良かったと後悔。
先生が糸で縫ってくれるのだが、
麻酔無しだし裂けたヒリヒリ感も相まって物凄く痛い。
陣痛の痛みよりも一針一針に悶絶してました。

産後の私は体力消耗してるはずが…とっても元気。
母は私を産んだとき意識を失って2時間眠ってたらしいけど、
周りの人たちと普通に話すもんだから驚かれる。
  • しばらくして処置の終わった娘を抱っこさせてもらった。
    小さいけどズッシリと重さを感じて、親になったんだと改めて実感。
    旦那と2人感動の涙を流す。
    周りの人に助けてもらいながら、二人三脚で頑張ることを誓う。

    病室に戻るときは、またも車椅子で。
    大仕事を終えたばかりで興奮して眠れそうになかった。
    でも、翌日からの母子同室に備えて早めに就寝することに…

みんなへメッセージやアドバイス

初めての出産。
これは旦那や家族、そして親友の協力無しでは乗り越えられなかったと思う。
テニスボールで一生懸命押してもらったり、汗を拭いてくれたり、飲み物を飲ませてくれたり…
ほんの些細なこと、当たり前のことも嬉しかった。
要望をあげたらキリがない。
正直途中旦那にイライラすることもあったけど、
お互い初めてなのだから、うまくいかなくて当然。
頭のところには旦那、カーテン1枚隔てた向こう側には家族と親友。
ただ近くにいてくれるだけで、心強くて有り難かった。
もちろん病院のスタッフさんたちにも感謝。
恵まれた環境・状況で出産出来て本当に幸せでした。
4

妊娠40w前後の体験談

上へもどる