カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 2人目・3人目 >
  4. 一人目と二人目のつわり症状の違い
2人目・3人目

[6w]一人目と二人目のつわり症状の違い [妊娠・出産の体験談]

1558人に読まれました
2016-06-28 17:51
◇一人目 男の子◇

妊娠発覚後すぐに切迫流産の診断。
自宅安静指示でしたが、接客業で2週間も休めないのでそのまま退職。

自宅安静中に悪阻悪化。
最初は食べ悪阻で、世の中の妊婦さんが悪阻中あまり好まないらしい白米かパンをよく食べてました。ジャンクフードや辛いものは全く受け付けず(笑)

その後吐き悪阻になり、何が食べたいか食べれるかも分からず飲み物しか摂れない状態に。
点滴通いの日々で、仕事もしていないため丸一日時計とにらめっこ。旦那が仕事の間、家には誰もいないので、毎日毎日まだこの時間か…帰ってくるまであと◯時間もある…と憂鬱な日々。
めまいもするし、いつ吐くか分からない恐怖で外出も全くできず生き地獄でした。

◇二人目 男の子◇

妊娠発覚後しばらくしてまたも切迫流産の診断。
今回は融通の利く職場だった為、2週間自宅安静のち仕事復帰。

何か口に入れないと気持ち悪いけれど何を食べたらいいのか分からず、食べれる量も少ないし、吐き気はあるものの一人目とは比べものにならないほど悪阻は楽。
一人目とは違い、ジャンクフードも普通に食べれました。
仕事しながらだったので、仕事中は気も紛れてよかったです。

私の場合は同じ性別、男の子でも授かった時の母体の環境が違うからなのか悪阻は全く違いました。
よく、男の子だと悪阻が〜とか、女の子だと悪阻が〜と言う話を聞きますが、同じ母体から同じ性別の子どもが生まれるのだとしても、全く同じ子はいないのだから悪阻も違ってくるのかなぁと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

一人一人、同じ母体から生まれるのにそれぞれ違う悪阻症状。
お腹にいる時から個性を持ってるんだと思います☆
悪阻は必ず終わりがきます。
0

妊娠6w前後の体験談

上へもどる