カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 知育 >
  4. こどもちゃれんじってどんな感じ?こんな感じです
知育

[1歳1ヶ月]こどもちゃれんじってどんな感じ?こんな感じです [育児の体験談]

439人に読まれました
2016-11-02 16:28
※私個人の感想です。参考程度にお読みください。

子供が産まれて出てくる問題が、『「こどもちゃれんじ」ってどうなの??』
あの、しつk…何度も送られてくるDMに心揺れる人も多いんじゃないでしょうか。

結論から言うと、「オススメ」です。
最初は我が家はこどもちゃれんじを取る予定はありませんでした。単純にお金がもったいないという理由です。しかし、何度も送られてくるDMを暇つぶしに読んだり、子供が体験エデュトイに興味を示したり、だんだん心が揺れ始めたのです。何より、一番の理由は「我が家はおもちゃを買わない」ということでした。買っても興味を示すかどうかわからないし、絵本に至っては読んでも聞かない、ページはパラパラっとめくっておしまい。そんな状態だったので、あまり買いたくなかったんです。
そんな考えを改め始めたのが、子供が1歳のころ。周りの家庭に比べておもちゃが少ないと感じたことと、子供もいろいろなものに興味を持ち始めたことがきっかけです。しかも、DMには「歯磨き嫌いを何とかしよう」という、うちの子にピッタリの教材が。うちの子の歯磨き嫌いはすごくて、毎日格闘でした。それが少しでも改善されるのならばやってみようかと。

早速届いた「こどもちゃれんじ」。子供は興味津々!これはいい反応。よしよしと思い、子供と一緒に教材を見始めました。その結果……歯磨き嫌いは治りませんでした(笑)そんなにうまくはいきません!それでも、おもちゃとしては食いつきがよく、数回ぐらいは教材を使って歯磨きをさせてくれたので、全くの無駄ではありませんでした。
DVDのリトミックを楽しんだり、絵本を楽しんだり、やっぱりないよりはあっていいかな、と。このときは、まぁその程度でした。

こどもちゃれんじの成果が出始めたのは3歳頃。トイレトレーニングや友達と遊ぶときです。トイレトレーニングはしまじろうががんばってモチベーションを上げてくれるのが効いたのか、そんなに嫌がらずにがんばってくれました。もちろん、簡単にはトイトレをクリアすることはできませんでしたが。それでもだいぶ、しまじろうに手伝ってもらった感はあります。
そして何より助かったのは、友達とケンカになりかけたとき。おもちゃの取り合いになったとき、「しまじろうはどうしてた?」「しまじろうは順番に並んでたよ!」など、「しまじろうが」と言えば割に言うことを聞いてくれたのです。しまじろう恐るべし。
↑の延長になりますが、しまじろうの妹・はなちゃんが出てきた後、我が家も下の子が産まれました。その際に、しまじろうがはなちゃんのために歌っていた歌を赤ちゃんにうたってくれたり、「赤ちゃんかわいいね~」と下の子を思いやってくれました。

それに加え、幸いなことに、うちの子はくるエデュトイ全てに興味を持って遊んでくれたので、ひらがなや昆虫、お絵かき、お手伝い、これら全てこどもちゃれんじがきっかけでやり始めました。
やはり、年齢に合わせた教材を送ってくれるので、「遊んでおしまい」がなく、学んでくれるところもあるので損はないと思います。特に2人めの出産をお考えの方は、2人めに使いまわせてお得!…かもしれません(笑)


まとめ----------------------------------------

メリット
☆年齢に合ったおもちゃがくる
☆うまくいけば、しまじろうを見習ってくれる
☆DVDを見ている間はおとなしい(笑)
☆色々なものに興味を示すきっかけになる
☆運筆やひらがなの練習帳を余分に買わなくていい
☆下の子を思いやってくれる
☆2人めに使いまわせる

デメリット
☆おもちゃや絵本、DVDがどんどん増えてくる
☆絵本についている、切り取り型の絵本の部品が部屋のあっちこっちで見つかる。しかも紙なので折れたりちぎれていたり、ゴミ化が激しい
☆忙しいときに、「これで遊ぼう!」と親がついていないとできないもの(点線で折ったり切ったりちぎったりする遊び)を持ってくる
1

上へもどる